04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

やっぱり精神的にまだ負担 

研修二日目。
明日から一人でやる様です。ちょっとプレッシャーでドキドキしてますが、何とかなるだろうし、どうでも良いやくらいの気分になれればと。。。
昨日は、夢の中でリゾバの仕事が終わらずに怒られる夢を見てしまいましたから。

忙しいのは朝一番です。朝一番のトイレ掃除から、バーが開くまでの9時が物凄く忙しくて、今日もちょっと遅いね、と先輩に言われてしまいました。

その先輩は、何と20歳で私の子供より若いです。
あまり深いことはお互いに話せる仲にはなっていないので、何でいるのか分かりませんが。。。
最も向こうの方が不思議に感じているでしょうね。

今日は、脚が痛くなる事を想定し、職場にリボトリールを持って行き昼間に飲みました。
そして、やっぱり帰って来てから痛いんで、再び使用。
どんな簡単な仕事でも最初はストレスが大きいんですね。

住み込みの寮から職場まで迎えの車で10分、労働時間は休みを入れてちょうど9時間。
時間は持て余します。
その分、とにかく寝る様にしようと思っています。
本当にやる事がないんで。。。

仕事を体で覚えたら、もう考える事と悩みが無くなりそうです。
強いて言えば、家族が悩みですが、それは諦めました。心残りはありますが、離婚してからは子供とそれ程会う事ができなかったし、ネットが繋がっているので、何かあれば連絡も取れますし、自分で病気を少しでも良くして行きたい、と自分で決めたので、本当に仕方ないと思っています。

ゆとりが出来たら、離島巡りでもすればもっと癒されるんでしょうが、お仕事に慣れるまでお預けです。
早く波照間島にいる友達に会いに行きたいです。しかし、お金がかかりますからね。まだ、石垣島に来てから一度も市内に行ってませんし。。。

半年契約なんで、その間にこれからどうしようかとゆっくり考えて行けば良いと思ってます。
そのままリゾバを継続してやるか?→10年やってる人もいました!
市内で仕事を探して本格的に移住するか?→意外と多いそうです。
東京で障害者枠を使って就活するか?←精神病は誰にも言えないですからね。

どれを取るにしても、お金が必要なので兎に角、節約生活をしなければなりません。
流石にバイトだけあって給与は安いですね。月に数万円残せれば良いと皆さんが言ってます。
他には二重にバイトをするのですが、まだ私には危険だと思いしばらく様子見です。

そう言った点を除けば、とりあえす生きては行けますから。
兎に角まずは、仕事に慣れてストレスを減少させる事、ゆとりを作る事。
それでも、時間をもてあます様であれば、これから観光シーズンなのでもう一つバイトを考えて見たいと思っています。

薬の減薬はしばらく辞めて、処方通り飲もうと思っています。
全ては現状に全て慣れてからですね。

色々な事を捨てて、悪い意味ではなくしばらく深く考えない人生にすれば、ストレスから解放され、ちょっと昔の自分になったり、もう一度感情を取り戻し、何かに興味を持てる様になりたいものです。

今日は仕事に終わられずに済む夢を見ないで眠りたいと思います。
日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

リゾートバイト1日目 

今日初めてリゾートバイトを人生の中でしました。やっぱりリゾートバイトは若い人が多く、なかなか友人なんて出来そうな感じでではない気がします。

別に差別的に書く訳では無く、部門の上司はスリランカ人、今日一緒に働いた先輩で色々教えてくれた人はフィリピン人と日本人のハーフでした。

とても良い人達で、世界的なリゾートホテルなのでいろいろな国から人が来ているのは、英語が話せて使えるのが役立ちました。

前にも書いた事があると思いますが、私は人生の中で最も長かった職業は社長でした。
その時は、高級リゾートホテルはお客さんで行っていたので、ちょっと複雑な気持ちになりました。

今日はハウスキープの仕事で、何室ものお客様の部屋を掃除しました。

その中でもやはり家族連れが多く、昔も自分はこうやって来ていたんだ、と思うと少しだけ切ない気分になりましたが、まだまだ減薬もしておらずラミクタールのおかげで、ショックが強く出る事は無くて少し何とかなるなぁ、と言う気持ちになりました。

それでも気分はやっぱり複雑です。
ついつい、今日の体験では過去の人生を振り返ってしまいました。

堕ちていく、と言う表現が正しいかどうかは別の問題として、大学を卒業して上場会社に入り、その後苦労はしたものの潰れそうな会社を立て直し、かなり裕福な生活を送り、世界各地の高級ホテルに泊まる様な生活から、会社を倒産させて一旦普通の会社に入ったものの発病。

それから数年間寝たきりやスーパーハイになる生活を送って、何とかリハビリ施設でやや普通になり、またしても会社に就職しても続かず3年で辞めて、次の会社に入っても2ヶ月強しか続かず、しかし帰るところも無いので、行き着いたのがリゾートバイト。

病気のピークに比べれば、人生が上向いたとは思いますが、何だか行き着くところまで行き着いた様な気がします。ここの住み込みを出ると本当にいく場所が無くなって、それこそ生活保護になってしまうので踏ん張り所だとは感じています。

所得に関して言えば、多分今まで社会に出てから、病気の期間を除けば最低賃金でしょう。
でも自分に言い聞かせるのは、働ける状態にいるだけましで、とにかく大自然の中でストレスの少ない仕事をして、少しでも病気を良くさせる事を目的に来たんだと、言い聞かせる事にします。

初日でいろいろな感想がありましたが、この日常が続いて行けばやがて仕事も苦に無くなり、アルバイトと言う責任感の低さでストレスが減り、自然に癒されながら薬に頼らず、脚の痛みが無くなり、心の状況も安定し、感情が戻れば良いな、と言うのが今の希望です。

明日からはハウスキーピングでは無くなり、施設の清掃になる様ですが、お客様に作り笑顔がちょっとストレスになりそうな気がしますし、幸せに遊んでいる家族を見るのもちょっと嫌ですが、慣れるまでは薬で制御するしか無さそうですね。。。

とりあえず、今日は無事に終わりました。しばらくは何も考えず、恙無い日々を過ごして、何もストレスを感じない様に早くなりたいです。

相変わらず、子供の作文みたいだなぁ。

日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

兄とアマゾン 

なんだか、アフリエイトの宣伝になってしまいそうですが、ちょっとアマゾンに関して思うところがあったので買いてみました。自分の中では宣伝と思っていないので、面白いトピックスとして気軽に読んで下さい。

兄だけではないのですが、私の周りにはアマゾンで生活物資をほとんどまかなっています。

話を聞くと驚くのは、お米からシャンプーまでアマゾンで買っていて、普通に買い物と言えば毎日消費しなければならない、ご飯のおかずとタバコくらいです。

従兄弟はそれに輪をかけて、アマゾンに依存していて、先日私がカラーボックスをホームセンターに一緒に買いに行った時に、その場でアマゾンで調べて、「ほら、同じのアマゾンに出てるよ」と言われてしまいました。

また、兄は兄で家で酔っ払ってアマゾンで買い物をするとストレスを発散できる、などと話していました。

その二人に理由を聞くと、余程実際に見て性能や質感を確かめる必要がある製品しか、アマゾンで全て賄えるし、何が便利かっていうと、どんな重いもの(お米など)でも玄関まで運んでくれるから、楽だと言ってました。

元々二人とも多読家なので、本から入ったのですが、そのアマゾンの活用方法を見ていると、恐らく近未来はこの買い方が普通になって来るんだろう、と実感してしまいます。

そんなアマゾンでもやはり現在抱えている問題があるようで、それは物流のことです。さすがに朝発注したら夕方に届く、と言うのは運送会社にかなり負担がかかっているようです。

これは裏話になってしまうのですが、ヤマト運輸がその問題に対応しかねて、アマゾンとの取引が全てなくなってもいいから断りの交渉に行ったそうです。

しかし、アマゾンはヤマト運輸は通常の使い方をして、相変わらずプレミアム会員には即日配達のサービスを提供しているので、一体どこが対応しているのでしょうか?

2年くらい前に、日本に来ていたアメリカ人が「アマゾンはズゴイ!腕時計を買ったら翌日に着いた!」と言って驚いてましたが、私が「本家本元のアメリカはどうなの?」と聞いたら、「アメリカのアマゾンはどんなに早くても2〜3日かかる。凄いのは日本のアマゾンだ!」と言っていたのには皮肉を感じました。

これからますます発達して、そのうちに大半のものはほとんどの人がそう言う買い方を普通に感じるようになるんだあろう、と二人を見ていると切実に感じてしまいます。
日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

何かと刺激の多い東京 

今日は渋谷に友人とパーティーに行ってきました。知っているのは、その友人だけ。
良く知らない人たちの集まりに参加出来るようになった、と思っています。

ちょっと前なら考えられない事です。
半年前なら知り合いでも、人数が多ければ行くのにも躊躇していたからです。

しかし、東京は刺激の多い街です。渋谷の有名な交差点を日曜日に久しぶりに歩いたのですが、どうも人波に合わせられませんでした。

そして、日が暮れても明るい街。田舎では考えられない光景です。

その刺激が強かったのか?パティーで疲れたのか、帰ってきてから脚がしびれまくり。
薬を飲んでも、少し緩和されただけで、まだ痛い?です。

やっぱりこれはまだまだ東京は私にとって刺激が強かったのかも。。。

もう少し体を東京に慣らさないといけないな、と思いつつ帰ってきました。

しかし、脚が痛い。
日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

無職の日々 

無職になって早2週間が過ぎようとしています。
やはり就活も面接もバンバン入る訳でもないので、暇な時間が結構出てしまいます。

そして出て行くのはお金ばかり。
もともと貯金がある訳でもないので、焦ってきました。

と人は追い詰められて行くと色々な事を考えるし、色々な事を試し始めます。

今、考えて実行し始めているのがMLM。あまり世間では評判は良くないと思いますが、いわゆるマルチ・レベル・マーケティング。

今日はアムウェイをやっている人に話を聞いて、とりあえず入会してもっとも興味を持ったサプリを買って見ました。
当然、物が良くなければ人に進められないので、自分の体で人体実験です。

アムウェイでは気がついたことが一つあり収穫になった事があります。それはアムウェイは一つのコミュニティになっていて、それに参加していれば、自分の居場所(人との繋がり)が出来るかもしれない、という事です。

実験と言っても、私は謎の脚の痛みが全然取れないし、薬漬けもかなり嫌になってきたので体質改善を促すサプリです。
このサプリで脚の痛みが消えれば本当に良かったと思え、無理強いせずに人に勧められると考えたからです。

もう一つ初めて見たのがやはりMLMですが、アメリカの会員制の会社の宣伝です。これはネット内で完結するので人に会って無理強いする必要がないし、このブログの中で放っておいて気になる人だけが見てもらえれば良いくらいの気持ちでリンクを貼ってみました。

これを初めてみようと思ったきっかけは、もし病気が再発して家から出れなくなっても、ネットで仕事出来るので最悪お金を稼げると思ったからです。このブログにも思わずリンクを貼ってしまいました。ちょっとでも気になる人がいたら、ぜひリンク先の動画をみて欲しいなぁとは、ちょっと期待していますが、まぁ、今までのブログの実績からすると厳しいな、とは最初から思っていますが。。。

それでも何か行動してみないと始まらない、とは思ってついついやってみました。気に触った人がいたらごめんなさい。

しかし、やはり働いていないと時間を持て余してしまいます。そして出て行くのはお金ばかり。田舎にいて仕事をしていた時は今と真逆で、刺激がなくお金を使うところがありませんでしたが、東京で無職になると真逆です。

なんだかんだ言っても、やはりお金で買えないものもある、とは言えどもお金がないと大変です。
早く自分の将来的な事を考えて、就職してサラリーマンになるのか、ベンチャーでやるのか答えを出さなければならない、と痛切に考える今日この頃です。


日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top