04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

しかし東京って… 

しかしながら東京って、本当に刺激だらけですね。
田舎から上京して、1ヶ月経ちませんが、もう正直に言って田舎の半年分の刺激がありました。
今日は東京から横浜へ行って、その帰りに書いていますが、横浜も刺激だらけで田舎の地方都市よりも凄いです。
やはり、移動手段が充実していて、気軽に刺激のある場所に行けるから、それが人を集めて、その人が集まった場所には刺激的な物が用意されて、みたいに連鎖して行くんですね。
田舎にいる時は、確かにインターネットは繋がっていて情報量は同じだったのですが、外に出てもそのものが存在していないので、大きな刺激にはならず、その分大人しく出来ていたし、生活リズムも安定していたとは思います。
東京にいて行動すると、リアルな情報が先で体感してインターネットの情報が遅く感じたり…人と会って情報が入って来るので、チョーローカルなインターネットに無い様な情報に触れられたり。
私は、ここ半年で両方見てみて、動物としての人間としてどっちが良いのか、社会を築く人間として、どっちの環境で育つと、どうなるかなんとなく分かった気がします。
私にとっては、居心地的には、東京の方が育って見てきたので良いのですが、生活リズムとお金では田舎は良かった気がします。心の病いには健康的生活を送れるとも感じました。
やはり耐えられなかったのは自分に合うコミュニティを見つけられないだろうなぁ、と言う点です。
皮肉な話になってしまいますが、心の病気に良い生活環境ではありましたが、あまりにも何も代わり映えのない生活をして時間だけが経って行く生活に、長期的なストレスを感じてしまいました。その結果、心の病気に悪い、刺激の多い、生活リズムが乱れ易い東京に戻ってしまいました。
この乱れも、一巡して働き出せば終わり、ある程度安定した生活リズムに戻れば良いと考えてます。
本当に長期的に見たらどうなんですかね…
関連記事
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top