04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

広い世界と狭い世界を1日で感じた!  

今回は貴重な、体験をしたので長文になってしまいました。

今日は二連続の飲み会があり、昼には久しぶりに会う友達とビジネスの話をして、固定観念に囚われない発想で新しい事を話しながら、軽く飲んでました。

2人で話す内容は、ITで世界中に発信して何かを売ったり、アメリカから物を買って、日本で売ってみようとか、どちらかと言うと私的には楽しく積極的に話が出来ました。
お互いの長所を伸ばして、出来る事をやろうと盛り上がりました。

基本的には2人で話していたし、気も合うのでしょう。

盛り上がったもう一つの理由に、お互いに決して安定している、とは言えない状況もあるかもしれません。

しかし、2人とも物事を大きな世界で見ていました。良く言ってしまえばワールドワイドな考えで、外の世界や新しい試みの話をしてました。悪く言えば、お互いに特定の居心地の、良いコミュニティに参加出来ていないのでしょう。

その後、夜の忘年会まで時間を潰して、2回目の会合に参加しました。
そこは私の子供の頃からの友人の集まりの忘年会で10人くらい集まりましたが、出る話題は私も分からない、地元の事や昔話、バカ話で盛り上がりました。

しかし、地元を離れてかなり経っている私にはついていけない話題ばかりで、聞く側にほとんど回っていました。たまに私から話しても、自分が覚えている範囲がそのコミュニティでは少なかったので、なかなか話の輪に入るのが大変でした。
最初は、ビール一杯だけ飲んで後は烏龍茶をひたすら飲み続けていましたが、地元の友達は日本酒などを沢山飲んで、本当に楽しそうにしてました。

どうもその感覚は私には合わず、正直に言って私には合わない感覚でした。でも、ある意味では非常に安定した世界でこうやって生きられれば、楽しく過ごせるんだなぁ、と思って羨ましい気持ちも正直に感じました。
久しぶりに会う私にとっては、なんとなくよそのローカルな世界に入った様な感覚です。そうなると、やはり時間が経つのが遅く、ちょっと自分の立ち位置とは違うな、と感じました。

人にはそれぞれ違う価値観があり、それぞれの快適なコミュニティを探して、そこに価値観を見出せれば、楽しいと感じるんだなぁ、と実感しました。

私は、以前から何となくコミュニティについて考えていましたが、過去の経験を振り返ってみると、やはり居心地の良い、コミュニティを持ってそこに居たな、と思い出しました。

しかし、病気になってから、特にうつ状態になった時にその居心地の良いコミュニティを自ら断ち切ってしまい、自分の居心地が良い環境を見つけられてはいません。病気を治すために行ったデイケアは、ある意味では最後の方には居心地の良い世界になった記憶はあります。

私の経験では、楽しい共有体験、苦しい共有体験をして、その中で似たような価値観を持って、その環境をシェアした方がコミュニティとしては居心地が良くなるんだろう、と言う感じです。

今はだいぶ情緒も安定し、行動力も戻ってきたので、過去の繋がりを再構築してみよう、としています。やはり生きて行くにはコミュニティに参加して、自分の立ち位置を見つけないと、人生って面白く感じない、と思い直しています。その分、失業中にも関わらず出費もかさんでしまいますが…

会社も、仕事もそうかも知れませんがしばらくは、コミュニティ探しの旅になりそうです。

今日は1日で対極的なコミュニティを本当に実感した1日になりました。
しかし、自分にしっくりくるコミュニティを一度失うと、それを取り戻すには大変ですね。
関連記事
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top