04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

壮行会?飲み会の席って…  

ここ毎日壮行会続きです。でも少し面白い事に気が付きました。それは壮行会に限らず、飲んでいて楽しいか、楽しくないか、の2つの理由が分かり始めました。
壮行会に限らず今まで違和感を感じていた飲み方がありました。もちろんお客さんや仕事関係で飲むのとは違います。
どうも私が楽しいと思う飲み会は、会話のキャッチボールがある程度のレベルで出来る飲み会が楽しく、ただ昔話や今の状況を話す飲み会は楽しくないようです。
友達友達飲んでいる時は、その2つの飲み会に別れ、1つは先に書いたある程度のレベルでの会話のキャッチボールが出来て、お互いに気付きが有って、自分ならどう考えるか?自分にも今の考えを取り入れようなど。
もう1つは、昔話や現状のバカ話をして純粋に飲み会を楽しんでる、とでも言うのでしょか?
私にはどうも後者の飲み会は体質に合わないようです。病気の影響もあるかもしれませんが、どうもただ楽しい、だけだと時間がなかなかたちません。
今回の壮行会もその二種類に別れています。当然会社関係のものもあるので、全て2つに分けられる訳ではないのですが。
決して自分が優れているとか、頭が良いとかではなく、頭脳に対する刺激が何らかの形で無いと、面白さを感じないようです。
しかし、今回だけではなく、今までの飲んだ時のことを思い出すと、ただ楽しいから飲む、は回数が非常少なかった気がしましたし、年を重ねる毎にただ楽しい、と言う飲み会が面白く無くなって来ています。
ほとんどの人は友人と飲む時はそんな事は考えないで、純粋に昔話や現状のバカ話を楽しんでるんでしょう。
それが出来ない私はある意味では、宴会やお酒の席に向いていないんでしょう。
でも、私は残りあまり多く無い人生では、言葉のキャッチボールをしっかりと楽しめる人と会って飲みたいと思います。
関連記事
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top