04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

私とシェパード 

私は犬の中でもシェパードが大好きです。それは世間で言っている、頭が良いからとかカッコいいからとは違う理由があります。もちろん上の2つが含まれますが。

私が子供の頃飼っていたシェパードは純血種ではありませんでした。父親が知り合いの獣医から、殺してしまうなら、飼ってみる、と言ってもらってきた犬です。

その名前はぺぺと言いました。私はどの友達よりも親友だと思っていました。
私が小学校の頃、上級生にいじめられると、猛然とその上級生にかかって行きました。さぞ私の友達に驚いたことでしょう。

また、私が家出もどきをしたことがありました。その時に家出で匿ってくれたのがそのぺぺです。親の私を呼ぶ声を聞くと、犬小屋の奥に入れてくれました。

まぁ親も分かってはいたのでしょうが、そんな家出もどきでお腹が減ると、そのぺぺは私にご飯が入った皿をこっちに向けて分けてくれたりもしました。

良く出来ていた残飯みたいなものですが、小さな私は犬の真似をして、そのご飯を食べたりしてました。
言葉は通じないものの、心は本当に通じ会っていた気がします。

そんなぺぺも寿命を迎えました。私が小学校六年生の時に徐々に調子が悪くなってきて、いよいよ起き上がらない朝がありました。

それでも親が学校に行けと言うので、ぺぺを心配しながら学校に行き、帰ってくると永眠していました。私はその時に私が帰ってくるのを待ってて欲しかったのを覚えています。

そして父親に言われました。一番仲が良かったのはお前だ!お墓をちゃんと作ってあげろ、と。
大型犬が入る穴を掘るのは本当に大変でした。長い時間かかりました。それでもその穴を掘っている間中、泣いていたのを覚えています。

人生でやりたい事があります。それはシェパードを飼ってずっとそばにいて、親友になって、最後の最後まで一緒にいる事です。私も今から飼い始めないと、犬の方が長生きしてしまいます。そろそろ本気で考え始めました。
関連記事
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top