05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

お金について 

サラリーマンになってからと経営者の時とお金に関する感覚が全く違います。
サラリーマンになってからは給料日が遠くて遠くて仕方ありません。給料日まで何日か計算して、あとどれくらい使えるか考えます。
特に出費がかさんだ月は切実で、なんとか平均して1日2千円計算で考えています。朝、昼、晩に加えて、私の場合はタバコ代もかかるのでギリギリになってしまいます。
今はタバコを止めようとして、減らしているのでそれだけでも随分違います。たった数百円でも…
1週間に何度かどれくらい貯金出来るかも考えます。しかし悲しい事に、経営者時代についた癖が抜けずに、ついついあるぶんを使ってしまいます。
自己コントロールがお金の面でとことん出来ていないんだなぁ、と反省する毎月なのですが。
給与自体はそれほど悪くはなく、かと言ってゆとりがあるほど良いとは言えません。全く昔の農民と一緒で生かさず殺さずみたいな感じです。
それだけなら、まだなんとかなるのですが、私の場合は養育費、子供と会って使うお金、子供のイベントにかかるお金と自分以外のお金がかかっています。
経営者時代は全く違いました。給料日を待たずにお金を使えるのです。それは経費と言う便利な制度です。経費を使えるので、給料日を待ちに待つ必要がありません。
必要なものも経費で買う事が出来ます。中小企業の経営者はある程度、自分の財布と会社の財布が一緒ですし、パソコンなんかはもちろん経費になります。
私は副業でパソコンを使うので、壊れたら給与から買わなくてはなりません。さらに恐ろしい事に自己破産をしているので、キャッシュで買うしか方法はないのです。なんとそれがスマホにも適応されるから脅威です。
なんであえてお金の事を書いたかと言うと、昨日一番下の子と夏休みの旅行に行くために、予約をしました。だいぶ先ですが。
その子と旅行するために一体幾ら必要で、毎月幾ら貯金しなければならないか計算をしたからです。
今になって思うのは、お金の力の大きさです。良く世間ではお金では解決しない問題は多い、と言いますが私は全く逆で、お金で解決出来る問題はたくさんあると思います。
例えばになりますが、私は脚の痛みの病院通いをやめてしまいました。とてもお金がかかる割に効果が感じられないからです。また、サラリーマンで時間を拘束されているので、通う時間も大変です。
これなら今のクスリで痛みに耐えた方が、自立支援の適応をその薬にも出来るので、それで良いやと。
他にもパソコンなんかは代表的な例です。副業とはいえ仕事で使っているので、壊れたらヒヤヒヤものです。副業が出来なくなりますから。
スマホも同様です。一見物のことばかり書いていますが、子供との思い出も同じ事がたくさんあります。
とブログで書いても真剣にアフリエイトをやっているわけではないので、仕方ありません。
なんとかもう少し副収入の道を考えて、給与以外の所得を得るしかありませんね。
お金と向き合っている自分です。
関連記事
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top