04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

携帯電話を友達の車の中に 

今日の昼に友人とスーパー銭湯に行ったのですが、カバンごとすっかり友人の車に忘れて来てしまいました。家の電話がないし、あったとしてもアドレス帳は全て携帯電話の中に。連絡の取りようがありません。

しかも私は川崎住まい、友人は都内に住んでいて、ちょっと気軽にその人の家に行く、という事は出来ません。さらに悪いことに友人は車にあまり乗りません。

行ったとしても、友人と連絡が取れないので、何時に行くね!とも連絡ができません。

携帯電話が無い、という恐ろしさを初めて実感しました。

考えた末にたどり着いた結論は、
メールアドレスを知っている弟にメールで連絡→良くラインを見るのでラインで問い合わせてもらう。という手順です。しかし、弟はアメリカに住んでいて時差がある上に、個人のメールはあまり見ないようです。

その友人とはラインでやりとりしているんですが、パソコンでラインのやりとりが出来るかも分かりませんし、なんと言ってもラインのIDを知らないので連絡がとれません。

さらに公衆電話から電話しようにも、相手先の電話番号が分からない始末ですし、私の知っている限りでは私の家のそばで公衆電話を見たことがありません。

最も早く携帯電話を確保する方法は、、、夕ご飯時に相手の家まで行って、居なければ帰ってくるのを待つ。この方法が最も早いのですが、電車で行くと遠いい場所です。

しかし、携帯がないと、と堂々巡りをしてしまいます。

とまぁ嘆いて居ても仕方ないし、幸か不幸か会社を長期間休んでいるので、明日にでも弟から連絡がなければ取りに行って見るしかありません。

携帯電話はカバンに入れておいてはダメですね。やっぱりいつもの習慣通り、ジーパンのポケットに入れておけば。
習慣を崩すと、ダメなんですね。
関連記事

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top