04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

長期休暇の弊害。胃も痛い、足も痛い 

医者のアドバイスに従って会社を長期休暇、今日で5日目になります。しかし、生活は乱れまくり。それは時間に限ったことだけではなく、食生活も。

休暇前は、なんとも言えないほど規則正しい生活を送っていました。自分でも驚くほどの2年半。毎朝5時半起き、6時半の電車に乗って、中略(あまり詳しく書くと。。。)、帰りはだいたい8時くらい。土日は疲れて、寝てましたが隔週2日だったので実質的には月のほとんどが驚くほど、規則正しい生活でした。

そしてある日に、ちょっと疲れたし、やばそうだと思い医者に話したら長期休暇のアドバイス。というより半ば強制的な長期休暇。医者曰く、1ヶ月から2ヶ月。有給をフルに使って約1ヶ月休めます。

最初は、目覚まし時計を気にしなくてよかったので、物凄く気が楽になりました。正直2〜3日目までは生活リズムが多少狂っても気が楽になる方が大きかったです。

しかし、数日前から胃が痛い。理由は単純。ただ生活リズムが狂うだけならまだしも、食生活まで大きく狂ってしまいました。以前は家庭があったので、闘病中もなんとかご飯の時間だけは寝たきりでも普通に食べていました。

ところが今回は、休暇になってまともなものを食べない。そして食べる時間もバラバラ。なんといってもリズムが昼夜逆転ではなく、まさにぐしゃぐしゃ。いつものhuluで時間つぶしをして、見るものがなくなったり、見る気がしなくなったりすると睡眠薬。そんな感じでhuluも見飽きたので、睡眠薬を8時に飲んで、寝たら起きてしまったのがたった今になってしまいました。

一度試しに、起きてしまったらもう一回睡眠薬を使って寝てしまう、ということも試してみたのですが、すると今度は寝すぎてしまい、とても次の日に眠気が起きる明けもなく。

そんな中で、自宅の近くの大きな冷蔵庫(コンビニ)だけに行って、すぐに食べられるパンやカップ麺。普段なら非常食みたいなものだけです。そして食べたら一応クスリを飲む。

そんな生活をしていたら、胃が痛くなってきました。おそらくこの時間に起きてしまったのも、前の日に寝すぎ、それに加えてリズムの乱れ。もう一度、睡眠薬を飲むか迷った挙句、今回はやめることにしました。それはなんと言っても胃の痛さ。こんな状態でクスリをバンバン飲んだら、胃がもっと痛くなりそうな気がしています。

本来なら、huluを見てベットで横になっているのですが、見るものがなくなってしまったのです。一旦他の有料映画サイトに登録したらデビットカードに不具合が生じて登録できず、新しいものが見れず。やることもないので今の状況をブログに書こうと思い、パソコンに向かってしまいました。これでまたリズムが狂うんでしょうね。

そして、クスリを飲む時間がいい加減になっているので、いつもより脚が痛い。これも想定外。脚が痛くなるので、足の痛みを取るためだけに、そのクスリを飲む。なんともいい加減な生活。このままいくと何のための長期休暇だったのか。。。

とりあえず、五日目なのでどうなるか分かりませんが、何とか立て直しを計ってみます。おそらく私の意志の弱さでは無理かも知れませんが。

やっぱり、余程調子が悪くないと、長期休暇は避けるべきだったのでは、と思い始めています。今回はあまりにも安易に休暇を取ってしまいました。気は確かに楽になったのですが、体をこわすとやがて心も壊してしまうのでは、とすでに思い始めています。

昼夜逆転してもリズムは大切なのかもしれません。余計なお節介かもしれませんが、昼夜逆転はまだ良いほうかもしれません。グシャグシャにならないように気つけた方が良いかも。。。
関連記事

テーマ: 生きること

ジャンル: 心と身体

精神疾患で思う事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top