03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

ブログ書かないのは何となく鬱? 

石垣島に来て二週間が経とうとしています。
毎日の仕事は同じ事の繰り返しで、朝バタバタする以外にこれと言って頭を使う労働ではないので、考える必要がありません。

また、アルバイトなので言われた事だけやっていれば、責任も全くないのでとても気が楽です。

しかしここ最近、ブログを書いてみようとは思う気になれませんでした。
何となく鬱っぽいのでしょうか?

基本的には自分では自分の事が分からないので、今落ちているんだか、上がっているんだかを確かめる唯一の方法はブログを書いているかいないかが一つの基準になると思ってます。

今回は無理にでも書いてみようと思って、やる事も取り立てて無いし、ここで書かないと本当にしばらく書かなくなってしまうのでは、と思い何とか書いてみようと思いました。

私がしている仕事は、もはや超単純労働です。その中でも多少の喜びはあります。
それは海側に面している仕事(窓拭きやホテル棟の掃除)をしていると真っ正面は海なので、何となくホットします。
癒されてるんでしょうか?

そんな海側の仕事をしている時にふと思ってしまいました。
「なんのために生きているんだろう?死んでもあまり違わないのでは?」と。

希死念慮とは若干違うのですが、ついつい生きる意味を考えてしまいました。

そんな事を考えなくて住む様に大自然の中に身を置いたのですが…
やはり鬱気味の兆候でしょうか?

「今は仕事をしに来ているのでは無くて、自然療法に来ているのだ!」と改めて自分に言い聞かせました。

最初は非日常でしたが、だんだんと自分の中では日常になりつつあります。
これがもっと日常化していけば、もっと考えなくなるんでしょうか?

仕事が終わって帰ってくると、寮の前のベンチでボーと二、三十分しています。
今日は、この光景がもっと綺麗だったら、さらに癒されるだろうぁ、ベランダから海が見えるところに引っ越すのも手だなぁ、と考えてしまいました。

なにはともあれ、どうでも良いと思いましたが、とりあえず書いてみました。
精神疾患で思う事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top