03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

来た来た石垣島へ 

今日いよいよ石垣島に着きました。働く手続きを無事に終えて、登録しましたがホテルの周りには本当になにもありません。

働くのは明後日からで、手続きの後にホテルの寮に来ました。

そこでビックリ。川平湾のすぐそば。歩いて5分くらいのところです。がしかしその町には、町と言えるかどうかも疑問ですが、なにも便利なものはありません。

当たり前と言えば当たり前なのですが。そしてそれを求めて来たのですが。

そして大きな計算間違えをしていました。それは休日の食費です。休日の食費を計算せずにこれだけ貯められると勝手に勘違いしてしまい来てしまいました。

しかも川平湾の側だから、まず食べ物物価が高い。一食さっき食べたら千円。これを三食やったら三千円。それを1ヶ月やったら一万二千円です。

確かに何もなく、仕事もしていないので考える事なく今日と明日は過ごせます。

大きな街に行くのにバスで40分。
寮に入ってみて意外と足りないものがある事をやはり感じました。しかしそれを買いに行く場所も方法も今はありません。

明日は足りないものでも考えて、川平湾でも眺めてます…
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

大都会、東京を捨てて 

久しぶりのブログです。
大きな転機を迎えたので、記録をしておきたいと思って書くことにしました。

やはり、東京での健常者との仕事は上手くいきませんでした。兄の家に居候していたのですが仕事を辞めたことに対して、かなり気分を悪くしたようで、根性が無い!と言われてしまい、やっぱり病気は理解されないなぁ、と感じましたし、その言葉も私にとってはどんどん重くなって行きました。

とは言えども無職なので、部屋を借りる事も出来ないですし、家賃も払えない状態になっています。
そこで思いついたのがリゾートバイト。バイトなら正社員ほどプレッシャーも掛かりませんし、住み込みで働くので食事と住むところは何とか確保出来ます。

行く先は石垣島と決めていました。
その理由は、私は世界中、日本中周りましたがこの状態で海外に行く事は出来ませんし、色々な場所に行った経験から沖縄の離島である竹富島が大好きで、最も良い土地だったので、そこに行けて仕事がある程度多い石垣島に行く事に決めました。

バイトと言えども、仕事なのである程度のプレッシャーやストレスはあるとは思いますが、大都会のど真ん中で働くよりも、大自然の中で働いた方が、病気には良いと思っています。

やはり大都会では、自分の居場所が無い気がしていましたから。

ラミクタールを常用しているせいか、いつものごとくこれと言った感情は出てきませんし、無職になってしまったので生活のリズムも乱れてしまっています。

このまま行くと一生立ち直れなさそうですし、少し希死念慮も出てきました。
それならいっそうのこと、大自然の中で働いてみる、と言う事をしばらく前から考えていました。
もちろん就職してからでもでした。

そして、本当なら障害者手帳をもらって、障害者枠で就職しようとしたのですが、障害者手帳が手に入るのは数ヶ月後ですし、精神障害者枠も少ない上に私の年齢ももうすでに就職するのは厳しい状況になっています。

今思っているのは、石垣島で自分の居場所が見つかれば、そこを終いの場所として一生をそこで終われれば、という気持ちが強くなってきました。

どうなるのかわかりませんが、とりあえず行ってこれ以上体調が崩れない程度に頑張って来ようと思います。
出発は明後日になりました。唯一の心残りは子供達に会えなかった事です。それでも今日は真ん中の子供と会えますが、残りの二人の子供とは会えません。

まぁ今の時代は通信手段が発展しているので、連絡は取れますが。
リゾートバイトに行くと随分と暇なようです。毎日代わり映えの無い日が続くとは思いますが、これからはもう少しマメにブログを書いて見ようと思います。

どういう人生になるか?自分でも不思議です。
精神疾患で思う事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top