08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

無機質な日々 

そろそろ書かないと記録にもならなくなってしまうので、ここ最近感じている事を書いておこうと思います。

人は日にちを一日単位で捉えていると思います。

しかし、私は最近一日と考えずに、一回と考えてしまっています。
一週間は全部で7回、同じ事を毎日しているので、一日が終わったのでは無く、一回過ぎたと考え土日が休みの時は二回の引きこもり。

毎日が本当に淡々そ過ぎて行きます。その淡々さが一日では無く一回と思わせてしまっているのでしょうか?

そして、後何回寝れば状況が変わるのか考えてしまいます。

東京にいれば自分で多少の行動によって、状況を変える事も出来ます。しかしここでは下界に降りないでいると全く何の変哲もないので、変化を感じ取る事が出来ません。

そしてお金は溜まるのですが、給与の残りの範囲でしか貯められず、前にやっていたアルバイトも出来ないですし、毎月貯まるお金も極僅かです。

先日、思い切って東京の会社に転職活動をしようと申し込んで見たのですが、やはり東京の会社はここからはなかなか難しいようです。しかし、地道にやって見ようと考えています。

ただ、転職活動をしようとすると考えてしまいます。考えると毎日が逆に辛くなってしまいます。考えを止める事が唯一、一日、私にとっては一回を辛く無く過ごす方法になってしまっています。

多くの人はこのような中で生きているのだとは思うのですが、私にとっては生き甲斐もある訳ではでは無く、より一層無機質な日々になってしまっているのでしょう。

しかし、書こうと題材を探してもこれと言ってないので、またしばらく書かないままになってしますでしょう。
忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top