04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

移住計画 

最近、東京でサラリーマンをしている事に限界を感じ始めました。今の会社にいても将来の展望が見えてきません。そしてさらに将来この会社で、定年を迎えて一人暮らしで終わってしまう人生にも疑問を強く感じるようになりました。

そこで転職活動をしていたのですが、当然その範囲は東京に限られていました。しかし、最近思いついた事があります。私の所属している業界は建設業で、もしかしたら地方にも建設業の募集があるのではないかと。

話は少し脱線しましたが、その前に移住計画を立てていました。それは前回書いた通りこの先の人生が見えないからです。定年まで今の会社にいるとはとても思えません。

しかし、突然移住してもコミュニテイが移住者を拒むそうです。そこで考え付いたのが、どうせ転職するのであれば地方の建設会社に就職を決めて移住し職場仲間を作ってその中で、コミュニテイを一旦形成いて仕舞えばいいのでは、と思いました。

確かに建設業界かから脱出したいのは山々ですが、背に腹は変えられません。自分いた業界なら地方ほど転職のハードルは低いのではと。実際にネットで調べて見たのですが、募集年齢が東京と比べると東京より高めになっていましたし、給料も十分に生きていける金額です。

通勤の事も考えましたが、東京では一時間くらいは当たり前で苦になりませんが、地方で一時間かければ辺鄙な田舎までいけると思います。そして辺鄙な田舎まで行けば家賃はとても安いし、しっかり貯金すれば、今かからでも変えるかも知れません。

そしてなんと行っても東京のようにあくせく働かないイメージがあります。これは私の勝手な感想ですが(笑)人生をどう終わるかはその人によって考え方も違うと思いますが、今の私の夢というか計画は着実にそちらに傾いてきました。

そして田舎に行ってやりたい事もあります。またホームページや会社のロゴを作ったり、クラウドワークなどもできるので、会社力の合間にそのような事をやっていれば、軽井沢ならかなりの需要があるに違いない、と踏んで軽井沢に移住を計画しています。

土地勘も全くないので、ちょっとこれから通いながら土地勘と情報収集して今は単なる夢かも知れませんが、現時的な計画にして行こうと考えています。

どなたか有力な情報をお持ちの方がいたらぜひ、情報の提供をお願いします。

テーマ: 信州

ジャンル: 地域情報

思った事。  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

移住してやりたい事 

今、田舎への移住計画を勝手に立てて、頭の中で楽しんでます。楽しむだけでもしょうがないし、今の暮らしに生き甲斐を感じている訳ではないので、夢から計画になりつつあります。

もともとこの計画は私が考えついたものでは無く、兄が早期引退して体力があるうちに頑張って地域コミュニティーに溶け込んでいくんだ!と言ったのを聞いて、なるほど、と私も真剣に考えるようになりました。

私は子供が成人を全員がした訳ではないし、まだ子供のそばにいたいので、そこまでは踏ん切りがついていません。それに田舎に引っ越してしばらく生きていけるだけの蓄えもありません。ので実際の移住はまだ先になると思いますし、移住場所の選定もポイントになってくると思います。

また、メンタルヘルスをやっている私には田舎への移住計画は二重にも三重にも良い効果があるのではと思っています。
そんな田舎での暮らしで私は何をしたいのか?

どうしてもしたいことが2つあります。1つは暖炉を作って薪割りをして焚べながら、火を見つめたい、と言う気持ちがあります。なんと無く薪割りも昔したことがあるので楽しそうな記憶があります。

これを考えると、ある程度寒くなるところという事になるのでしょうか?かと言って屋根の上雪を降ろすような豪雪地帯には生きたくありません。

もう1つは、シェパードを飼いたくて仕方ありません。ここで敢えてシェパードと言うのは、昔私が小学生の頃、そのシェパードが一番の親友だったので、その記憶があり、もう一度死ぬ前にシェパードを飼いたくて飼いたくて仕方ありません。
ここで考えられるのは、周りにあまり家がない適度な田舎。適度では無くても良いのですが、シェパードが元気に走り回れる自然がいっぱいあるところ、と言う事になります。

やりたい事はこの2つですが、ここで問題が起こります。それは仕事です。仙人になる訳ではないので、仕事をしないと餓死してしまいますし、犬にも餌もあげられません。まあ、品評会に出す訳ではないので、残飯でも良いのですが、何はともあれ仕事は必要です。

そうなると、ある程度田舎の都会から離れていて、インターネットが繋がっている事。これは外せません。と言う事で今のところの候補地は軽井沢の外れの田舎です。さらに手に職をつけておけば、サイトでモノを売る事も可能になって来ます。幸か不幸か、割と手先が器用で革製品が好きなので、今のうちから地道に道具でも揃えておくか、なんて考えたりしてます。

ここであれば観光客も来ますし、店があるのでネットの需要もありそうです。勝手に思っているだけですが。そして今調べ始めたところです。

また、もう1つの考えはある程度お金が貯まったら軽井沢にある会社に就職すると言う手も考えの1つにあります。私は建設業界なので割と需要がありますし、軽井沢のど田舎に行って車で一時間かかっても、東京の通勤時間とラッシュを考えれば、と思っています。

そしてその会社に溶け込んで仕舞えば、リタイアする頃にはコミュニティーに溶け込めている可能性があります。
今度、子供がどうしても乗りたい車があると言ってたのでレンタカーを借りる事にしました。私は軽井沢には全くと言っていいほど土地勘がありません。これからちょっといく回数を増やして、土地勘を養おうと思っています。

こうやって書いて行けば呆然と頭で考えていることが少し現実味を帯びて来ます。そして下調べを始めれば…
書く事は良いですね。書いてるうちに頭の中の想像が漠然としたものから、ある程度明確になって来ます!
ぜひ軽井沢に詳しい人にいろいろな意見を聞きたいと思ってます。宜しくお願いします!
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

上の子と会った  

一番上の子と会いました。今まで学生だったので、養育費を払ってましたが、これからは奨学金の半分を出してあげる事にしました。
世の中の私が知っている女性に話を聞くと、子供がいても養育費をもらってない人がかなりいるようです。
私は非常にその事にはおかしいと考えて、子供の養育費はしっかり払ってきました。
馬鹿にならない金額です。下手をすると私の生活費、給料は新卒並みで今までやってきました。
それが一人就職するだけで、かなり減るので奨学金の半分を払う事にしてあげたのです。
本来、会社が潰れなければ教育費は全額出してあげられたのに、と思うと情けなくなり、せめて半分だけでも、と思って働けるうちは出してあげようと思っています。
それに下の子二人のうち一人も社会人になるので、養育費はかなり減ります。
しかし、世の中にはそんなことを気にしない男性がかなりいるので、びっくりする限りです。
離婚にはお互いの言い分があると思うのですが、子供にはなんの罪もありませんから、せめて自分の子供の面倒費くらいは見るべきだと思います。
そしてそんな養育費をもらってない女性は、考えがかなりしっかりしてて、年収をなんとなく聞いてもびっくりするくらいの金額でやりきりしています。
幾ら裁判で慰謝料ゃ養育費の値段を決めても、払わない人は払わないんですね。
まぁ、私の場合はもう1つ、奨学金の半分を払う事にしないと、上の子が女の子なんで、なかなかあってもらえないと言うのもありますが、本当に親としては情けない限りです。
世の中のサラリーマンはよくやってるな、と思います。例え離婚してなくても、家のローン、車のローン、そして子供に使う授業料。
私の今の給料では破綻してしまいそうな金額です。経営者をやっていた頃には考えもつきませんでした。
二番目の子供も同じようにしてあげようと思っているので、養育費が減っても奨学金の半分は出して、少しでも親らしいことをしてあげようと思っています。
離婚した男性がもう少し、責任感のある人だったらこんなに苦しんでいる女性はいないと思います。
女性の子供に対する責任感は、父親にはわからないのでしょうか?それとも最初から無責任なのか?
私にはよく分かりませんが、せめて自分が嫌だなと感じた事はしたくありません。世の男性がもう少し責任感があるといいなぁ、と思いながら子供と会っていました。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

結婚式 

先日、たまたま表参道でお茶をしていたらふた組の結婚式をみる事ができました。ふた組のカップルは周りに祝はくされて、とても輝いていました。今更ながら私は自分の結婚式を思い出しました。

果たして自分はどうだったのだろうかと。ちょっと嫌な話になってしまいますが、私が結婚するときは恋愛感情が冷めていたのを思いしました。

その理由は、結婚する前には一旦結婚を白紙にしてくれと言ったのですが、相手がどうしても結婚したいから一度でいいから結婚してくれという話になって、私がノーと言えなかったためです。

しかし、今回2組の結婚式をみて思いました。それはやはり結婚するときはその後どうなっても、その瞬間は幸せに満ちていないと後で後悔が残ってしまう、と言う事でした。

その結婚式を目の当たりにして、私は痛切に感んじました。好きな人と結婚式をしたらどれ程幸せなのだあろうと。そして私は、自分の人生を振り返ってこの年齢になってももう一度、結婚式を本当に好きな人とできたらどれほど幸せな事だろうと感じました。

なかなかこの歳になると勢いで結婚できる事もありませんし、状況は若い頃よりはるかに条件が悪くなっています。社会的な問題、離婚して養育費の問題、そして何よりも知り合う機会がないからです。

人生の幸せとは、一体なんなのか考えさせられました。それは一瞬一瞬の幸せの積み重ねではないだろうかと。年齢と共に
人生の時間が経つ速さが、早くなって行く気がします。そしてまた仕事も若い頃よりも忙しくなっってきます。

それでも幸せを味わえる愛している人の結婚式を見て、自分の人生の中で一度でいいから両方が相思相愛で結婚できる幸せを痛切に感じられた瞬間でした。

「人生でやりたい10の事」みたいな映画がありましたが、私にとってはその一つに相思相愛の中で結婚するがランクインされました。

残り少ない人生ですが、果たしてそれは極めて難しい事かも知れません。しかし、諦めてしまったらチャンスも掴めなくなってしまいます。

この歳になって、若者のような夢になりましたが、「幸せな瞬間を迎える結婚」そして今回の失敗を教訓にして結婚だけではなく、その後の人生もそのパートナーと残った一生を幸せに送りたい、と痛切に感じさせられた出来事でした。
日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

諦めて生きる? 

ここのところ、気持ちが落ち気味です。うつ病とまでは行ってないと思うのですが、将来に何も希望を持てなくなりました。
いろいろな事が上手く行っていないのも事実ですが、つい最近無性にバイクや車に乗りたくなりました。
当然買わなければなりません。しかし、現金一括で買えるほど蓄えもなく、買うとしたらローンを組むしかありません。
ところがです。私は自己破産しています。クルマのレンタルさえままならない、と最近知る事になりました。
念のため、もしかしたらと思い、カードの申し込みをして見たら案の定却下。
カードが組めない事は当然ローンなんて組めるわけもなく、車もバイクも手には入りません。車やバイクがないと遠くまで行くことも当然出来ません。
ネットで調べたらあと数年かかるそうです。その数年のうちに頑張って遠くに行って、なんて気力は無くなるような気がします。
そして諦めて、これからどこかに行く時は知り合いに借りるしかないなぁ、と諦めの境地になってきました。
一つ諦めると、不思議な事にあれもダメだろうな、これもダメだろうなぁ、と諦めるものが増えて行きます。この辺は病気で悪く考えるクセがついていると思います。
ポジティブではなく考える事が何でもネガテイブな方向に進んでしまいます。
ここ数日いろいろなら事を諦めて生きて行かなければならないのかと、切実に考えています。
そして老後に備えて、というより移住に備えて、貯金の計算を行い、昨日試しに計算通りに各金融機関にお金を分散させて見ました。持ってると使ってしまいますからね。
残ったお金を見て唖然。これで1ヶ月生きるのか、と言う金額しか残りませんでした。正直、食費にあと子供にお金を渡したらカツカツの残りです。
今月から試し始めたので、来月の給料日にどれ位残っているかわかりませんが…
今までの私の人生には、諦めたり、コツコツ生きる人生はありませんでした。
希望と夢に満ちて、お金も何とかなるさ、とどちらかと言えば躁状態で生きてきた気がします。それが諦めて生きる人生に変わって行かざるを得ないのが何となくショックでした。
諦めて生きて行くと考えるのか、年齢とともにそれなりに生きて行くと考えるのか、人それぞれだとは思いますが、今の私には諦めて生きて行く、と言う気持ちになってしまっています。
諦めは、欲から来るのでしょうか?それとも希望から来るものでしょうか?欲がなくて、煩悩を捨てて生きるのでしょうか?夢や希望を持たずに毎日やりすごさのでしょか?
こんな事を毎日考えながら、ただ時間だけ確実に過ぎて、その中で生きて行ってます。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

お金について 

サラリーマンになってからと経営者の時とお金に関する感覚が全く違います。
サラリーマンになってからは給料日が遠くて遠くて仕方ありません。給料日まで何日か計算して、あとどれくらい使えるか考えます。
特に出費がかさんだ月は切実で、なんとか平均して1日2千円計算で考えています。朝、昼、晩に加えて、私の場合はタバコ代もかかるのでギリギリになってしまいます。
今はタバコを止めようとして、減らしているのでそれだけでも随分違います。たった数百円でも…
1週間に何度かどれくらい貯金出来るかも考えます。しかし悲しい事に、経営者時代についた癖が抜けずに、ついついあるぶんを使ってしまいます。
自己コントロールがお金の面でとことん出来ていないんだなぁ、と反省する毎月なのですが。
給与自体はそれほど悪くはなく、かと言ってゆとりがあるほど良いとは言えません。全く昔の農民と一緒で生かさず殺さずみたいな感じです。
それだけなら、まだなんとかなるのですが、私の場合は養育費、子供と会って使うお金、子供のイベントにかかるお金と自分以外のお金がかかっています。
経営者時代は全く違いました。給料日を待たずにお金を使えるのです。それは経費と言う便利な制度です。経費を使えるので、給料日を待ちに待つ必要がありません。
必要なものも経費で買う事が出来ます。中小企業の経営者はある程度、自分の財布と会社の財布が一緒ですし、パソコンなんかはもちろん経費になります。
私は副業でパソコンを使うので、壊れたら給与から買わなくてはなりません。さらに恐ろしい事に自己破産をしているので、キャッシュで買うしか方法はないのです。なんとそれがスマホにも適応されるから脅威です。
なんであえてお金の事を書いたかと言うと、昨日一番下の子と夏休みの旅行に行くために、予約をしました。だいぶ先ですが。
その子と旅行するために一体幾ら必要で、毎月幾ら貯金しなければならないか計算をしたからです。
今になって思うのは、お金の力の大きさです。良く世間ではお金では解決しない問題は多い、と言いますが私は全く逆で、お金で解決出来る問題はたくさんあると思います。
例えばになりますが、私は脚の痛みの病院通いをやめてしまいました。とてもお金がかかる割に効果が感じられないからです。また、サラリーマンで時間を拘束されているので、通う時間も大変です。
これなら今のクスリで痛みに耐えた方が、自立支援の適応をその薬にも出来るので、それで良いやと。
他にもパソコンなんかは代表的な例です。副業とはいえ仕事で使っているので、壊れたらヒヤヒヤものです。副業が出来なくなりますから。
スマホも同様です。一見物のことばかり書いていますが、子供との思い出も同じ事がたくさんあります。
とブログで書いても真剣にアフリエイトをやっているわけではないので、仕方ありません。
なんとかもう少し副収入の道を考えて、給与以外の所得を得るしかありませんね。
お金と向き合っている自分です。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

毎日毎日  

ほとんど平日は毎日同じ行動です。朝起きて一人でシリアルを食べて、シャワーを浴びて、着替えて同じ時間の電車に乗って。
所謂、サラリーマンの生活です。
私の人生の大半は会社の社長として過ごしました。同じ毎日はありませんでした。同じ年月を送ることもありませんでした。
まだ毎日同じ生活に慣れません。この間から、自分の課題が、スクラップアンドビルド、そして自分と向き合う、になっています。
自己破産をしているので大きな買い物は出来ません。その代わり大きな借金に身を縛られることもありませんでした。
ここ最近ですが、バイクに乗りたいと思って中古でも良いから買おうか。と思いそろそろ自己破産の期間も過ぎるだろう、と思ってカードを申し込んだらまだまだブラックでした。
ふと思うと、毎日年を取っていきます。当たり前ですが、その代償として諦めなくてはいけないものも出てきます。
時々バイクの音が聞こえて、もう乗れないかもしれない、と思うと心の底から諦めの響きが聞こえてきます。
若い頃は成功していて、そんなことは無縁で好き勝手な事をしていました。それだけに諦める、と言う気持ちが捨てきれません。これがスクラップアンドビルドを大きく邪魔しています。
自分と向き合うと言うことも今まで意識していませんでしたが、こうやってブログを書いている行為はもしかしたら自分と向き合っていたのかもしれません。
だけどそれを意識して書いてはいませんでした。これからはなるべく自分との向き合いを意識して書こうかと思っているのですが、なかなか自分と向き合う感覚が掴めません。
感覚が掴めないから、スクラップアンドビルドが出来ないのかもしれません。人生の岐路は徐々に過ぎて行くような気がします。
これからも毎日同じ時間軸の中で暮らして、毎日が過ぎて行くのでしょうか?
今の会社に入ってからそろそろ三年になりますが、未だに馴染めません。かと言ってそれを変える術も少なくなってきました。
世間のサラリーマンは同じ気持ちで毎日を過ごしているのでしょうか?たまに仲良くなる人に聞いてみると、あまりそんな事を考えずに過ごしています。
習慣とはそんなものかもしれません。何年も同じ事をしているとそれに自然に慣れてきて、他のことを思わなくなっていく。
それではなぜ自分は数年もして慣れる事が出来ないのか?不思議でしょうがないです。
これからもそんなもんだ、と自分に言い聞かせて生きて行くのでしょうか?
毎日を過ごし、生きて行くのは考えれば考えるほど難しくなります。だからこんな病気になるのだと思いますが。
まぁ、まだまだノルマとか責任が出てこないので、毎日の会社勤め自体はそんなに苦しく無いので、もう少し、自分の最後がどんなになるかを考えて、そこから追って生きる計画を立て、自分と向き合おうと思う今日この頃です。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

やる気が全く出ない二日 

今週の週末は全くやる気が出ない二日間になってしまいました。ひたすらに寝っぱなし。起きては寝て、お腹が空いたらあるものを食べて。すっかりうつ病の生活でした。

原因は自分でもほとんどわかっています。それは将来に対する夢や希望が打ち砕かれつつある事。そしてもう一つの原因はお金が無い現実を思い知らされた事です。

転職活動や婚活は自分が思っているほど簡単ではありませんでした。冷静に考えれば当たり前なのですが、かつての自分は割と障害が有っても乗り越えられましたし、乗り越えられる年齢でした。

しかし、すでに自分が考えているほど若くはなくなっていましたし、何か起こるとどうしても病気の事が頭をよぎり多量の薬を飲むたびに、やはり自分には普通の生活は無理だと思ってしまいます。

昔は出来た事がだんだんと出来なくなって行く自分に自覚を持ちはじまたのかも知れません。そしてこの年齢になって一人になったのが、「生きている意味ってあるんだろうか?」と思わせてしまった事もあります。

週末に入る前には、今後はパートナーに巡り会うのも不可能に近いし、田舎に行って犬飼ってパートナーになってもらい、ひっそりと生活をして過ごして行こう、とも思いましたがよくよく考えるとそんなお金もありませんし、そのお金を貯めるのもかなり時間がかかるし、その後の生活にもお金がかかる現実にもぶつかりました。

私はその事も怖くなって、土日は家から出ずに一銭も使わない、使えないと言う極端な考えに出てしまい、余計に自分を惨めにしてしてしまい、うつ気味にしてしまった事も原因の一つですし、お金がなければ引っ越しさえも考えられない自分に気付き余計なネガティヴ思考に入ってしまいました。

これから先の自分の課題は明らかです。それはしっかり自己管理して、貯金してお金にある程度ゆとりを持ち、自分のできる幅を少しでも広げ、心にゆとりの幅を増やしてあげる事です。

唯一の心配はそんな自分に変えられるか、そんな自分になれる事が出来るかです。双極性障害の躁の部分、今までの自分の性格、生活を変えて、今の自分を受け入れられるかです。

日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

期待してはいけない? 

最近転職活動やら、婚活で頑張り過ぎたせいなのか、それとも落ち込み時期に入ったのか、どうも調子が良いとは言えない状態になってきました。
とある人から、期待するからそれが叶わなかった時に幻滅して落ち込んでしまうんだ。だから期待しないようにした方が良いんだ、と昔に聞きました。
確かに今の私はそれが当てはまってる気がします。何事にも期待感をもってしまっています。
なんとか今よりも所得を上げる、やり甲斐のある仕事に就きたい。婚活を頑張ってパートナーに巡り会えて、自分の人生を豊かにしたい、そんな思いがかなりの期待になっていた気がします。
ところが、当たり前の話ながらそうそう人生は上手くいくわけもありません。ことごとく上手くは行きませんでした。そのうちに諦めが出始めます。
そうこうしているうちに、落ち込み時期が先なのか、期待通りにいかない事が先なのか分かりませんが、段々と人生はもしかしたら、こんなものかもしれない、と言う気持ちでいっぱいになってきました。
そして考え方も徐々に変わり始め、上に上がる生活を求めるのでは無く、早く隠居でもして、人との絡みを今以上に絶って、社会と関わらない生活を望むようになってきてしまいました。
この辺りはまだまだ双極性障害の癖が抜けてないのかもしれません。極端な考え方に行ってしまいます。
しかし、期待の無い人生って一体どんな人生なんでしょう?らとある人からは、スクラップアンドビルド、と言う言葉がなんと無く自分に響きましたし、自分と向き合う、と言う言葉も響きました。
人生は何に期待して、何に期待しないで生きれば良いのでしょうか?この答えを出すためには過去との自分と決別して、しっかり人生を見直す必要がありそうです。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

子供と別れる瞬間  

子供と遊びに行くのは、楽しくもあり、辛くもある時間です。
子供からはなるべく生活の事は聞かないようにしています。生活の話を聞いてしまうと、より自分が寂しくなるからです。
上の子供とは大抵飲み友達みたいになっていて、下の子とは映画を観に行く、映画友達みたいになっています。
話す内容は、その個人の生活の範囲で家族の事はまず触れないようにしています。
ところが昨日、チラッとゴールデンウイーク中の家族イベントの話が出て、虚しくなりました。
それはここ最近の心境の変化に影響を受けての感覚だと思いました。
以前に精神科医から、観ていないのになぜそうだと分かるんだ、と言われた事がありますが、全くその通りではあるのですが、自分がいない中でみんなが笑っている姿が目にうかんでしまうのです。
その時はいつも忘れていた感情がふつふつと湧き上がり、その後に子供といてもやるせなくなって帰りたくなってしまうのです。
その時の気持ちは、どうせ自分なんて居たって存在していないのと同じだと。
しかし、そんな気持ちでせっかくの月に一度の子供との再会を終わらせる訳にはいかないので、最後まで遊びますが…
そして遊び終わったり、飲み終わったりして帰る時の虚しさ、と言ったらなんとも言えません。
普通なら、家族の行事などでもっと子供との時間が取れれば、逆に子供と接する時間が長くなり、それはそれで大変になって、別の愚痴が出るのかもしれませんが。
最近は婚活も疲れ、転職活動も疲れだんだんと、もういいや、という気分が支配的になってきました。
一人なら、もっと別の生き方をしていた気がとてもしています。身勝手に生きてサラリーマンが続かなかったかもしれませんが、別に暮らしているとは言え子供の養育費を考えて続いているのでしょうか?
普通が普通じゃ無くなった時に、その環境の変化がいろいろなことを思わせるのでしょうか?
最近は調子も悪いし、誰もいないので早く寝る事が毎日の生活です。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top