01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.»03

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

病気再発?ずる休み? 

先週、何となくやる気がなく午前中会社を休んでしまいました。大して重要な仕事もなかったし、前の日に飲みすぎもあったし。その週は希死念慮まではいかなくても、何となく自分の存在が嫌になることが多かった気がします。もともと診断書をもらっておいた方がいいよ。疲れて見えるし、いざとなったら使えばいいんだから、と言った人は一緒に飲んでいた人。

そして月に一度の医者にその話をしたら、「うつ状態です、すぐに会社を休んで下さい。診断書を書きますから。土曜日なので診断書を会社に郵送し、月曜から会社に行ってはいけません。」とかなりの口調で言われてしまいました。その上で「今まで評価に関わるので会社に、経緯を書いて欲しくない。」と私が行ったら、「カミングアウトをしないとまた重労働を強いられるから、カミングアウトしてしまえば楽になります。隠していることもストレスに繋がるんです。」と返されてしまいました。

しかし、うつ状態とやる気が無い、の違いは自分でも良く体感しています。うつ状態は本当に何もする気がしなくなりますが、やる気が出ないのは疲れてやることが面倒になる?くらいだと何ども味わいました。

そして医者との約束は破り、郵送ではなく月曜日に会社に行って上司に直に診断書を渡し、ちょっと一部を創作して話をしました。二年前に本当にひどい目にあったので、そこから医者に行くようになった。それを黙っていました、と。

やはり中小企業はその手のメンタルヘルスに対する考えは、整っていません。「どうしたいですか?会社を休みたいですか?それとも会社に来ますか?」と。しかし診断書には凄い内容が書いてあります。それを読んだ上での質問とは思えませんでした。

一緒に飲んでいた人に電話をしたら、「休めばいいよ。こっちはどうにでもなる段階まできてるから。うちの上司が心配してたから電話がいくかもしれないよ。」と他の会社の人の方が余計に心配してくれたのには笑ってしまいました。

いろいろ考えましたが、確かにパニック状態に時々陥る自分がいることは確かでしたし、取り立ててやる事がないので休む事にしました。一番の問題は収入ですが。

会社も、引き継ぎがあるので、引き継ぎをする日は来て欲しい、と言われたので行くことにしました。まぁ、ちょっとした名が休暇とやれなかったことを片付けられる時間があると思えばいいや、くらいの気持ちと、確かに医者の言う通り今休んでおかないと大事になってからでは遅すぎる恐怖もありましたし。

なんといっても意味不明の脚の痛さを解決する時間が欲しいと思っていたところだったので。

出勤日も引き継ぎのための半日出勤になるのかもわかりません。上司が取り立ててあれを書け、これを書けと言ってこないので、何も出していませんが。

しかし、皮肉なものです。それまで私の会社の評判は、忍耐強さでは会社で強い方だ、と言われていたので、そう言われてた人が診断書でうつ状態と言われたのですから、出社後は見方が随分変わるのかなぁ、と思っています。

一瞬、やってしまった!再発か!と思いましたが、今は冷静に受け止めています。冷静に受け止められるのは、再発ではない証拠、と自分に言い聞かせていますが。

いずれにしても一ヶ月以上の休みになるので、これまで後回しになっていたことを片付けてしまいたいと思います。

これは、病欠じゃないよな…
精神疾患で思う事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

やり甲斐 

ここ数ヶ月、やり甲斐について考えます。前にも書きましたが、デイワークに通っている頃本を読みました。本を読む気力もなかったのですが、病気に関する本は良く本屋で見ていました。
その中で今だからこそ痛切に感じる事があります。それは、やり甲斐があって、規則正しい生活を送れる仕事、みたいな事が書いてありましたが、その時はそんな仕事はある訳がないと思っていました。
しかし、実際に働き始めるとつくづくそうだなぁ、もう少し就職活動を真面目にやっていれば良かったな、と言う思いをひしひしと感じます。
ちょっと話はずれますが、私には兄がいて同じ頃にうつ病にかかっていました。今ではすっかり完治みたいになってクスリも飲んでいません。また、兄は独身なので仕事場が唯一の社会と接している場所です。
そんな兄が、先日会った時に「仕事が楽しいから、職場に行くのが楽しみだ!」と言ってました。兄は職場に居心地の良い場所を見出しています。
ひるがえって、自分の置かれている状況を考えると、職場はとてもやり甲斐があるどころか、常に今いる業界を抜け出したい、といつも考えていますし、先日苦しくなってきた、と上司に話したら、「根性が足りない、もっと勉強しろ!」で終わってしまいました。
好きな仕事でやり甲斐を感じれば、勉強もするかも知れませんが、毎日精神的に疲れて帰ったらhuluを見て寝る。次の日の事は考えない毎日が続いています。いくら沢山寝ても、気力は復活しません。それどころか、どうやって気力を使わないように仕事をするか、考える毎日です。
何かのために生きる、と言う考えもありますが離婚して子供と離れ、徐々にですが子供との距離を感じてそれも実感出来なくなりました。
やはり、多少所得が下がっても、何らかの生きるための理由はとても大切だと思いを切実に感じています。
その何かを探すためにいろいろ試してみましたが、結局のところ余計な気力を使ってしまった感じがします。
何かのために必死に生きる、ただ単に生きる、そこには大きな違いがあると思います。会社に行ってメリットは行く場所があるから起きる、くらいになってしまってます。
残りの人生は、何かのために生き甲斐を持ちたいものです。
思った事。  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

気力と体力 

昨日は久しぶりにかなり早く帰って、寝たのは9時前でした。それだけ寝て休めばヤル気が少しは戻るだろうと思っていました。
しかし、朝起きるとやたらヤル気がしない。今日やる事を考えても、簡単な仕事のはずなのに、なんとなく出来るかなぁ?という気がして、しょうがなくとても会社に出社する事がおっくうになってしまい、休みたい気持ちでいっぱいな朝を迎えてしまいました。
ふと、これは体力と気力は関係無いのでは、いくら長い時間を寝ても体力はある程度回復するけれど、気力は回復していないのではないか?と感じました。
最近の出来事を振り返ると、新しく始めた事は転職活動。これがまず上手くいかない。オファーはくるけど今とほとんど変わらない仕事か歩合制の高い営業ばかり。今の仕事に限界を感じて転職しようとしているのに…歩合制な高い営業はそれこそ体力と気力勝負。
もう1つは婚活。これもかなり気力を使っている気がしてきました。最初のうちは新しい人と会う事が楽しみでしたが、食べる所を探したり、会話の話題を考えたり。かなり気を使っているのかなぁ?と感じ始めました。
試しに昨日は、お金を使ってかなり自分にとっては豪華な外食をしてみました。しかし…
とりあえず、今日と明日をこなせば土日休みなのですが、子供と会う約束をしているので、子供には申し訳ないですが、気力を使うような気がしてなりません。
こんな調子で後何年働くのか考えるだけで、朝から恐怖を感じてしまいました。ちなみに脚の痛みは、ここ最近、減っているのですが、クスリの量は医者に言われた通り飲んでいるので、増量しているせいかやや痛みは和らいでいます。
月曜日に、目が死にかけている、と言われて午前中会社を休んだ翌日は、普通だった気がします。やはり体力ではなく、全体的に生きる、と言う気力が減り始めたのでしょうか?
生き甲斐があれば、気力は回復するのでしょうか?そんな事を考えて、迎えた朝。なんとか気力を使わないで今日と明日をこなす事を考えて、気を使わないで過ごす方法を考えていかないと…まぁ気力を使ってしまうのは、気の使い過ぎ、もっと気にしないで生きるようにすれば良いのですが…
やはり自分で書いていて、完全週休2日の会社を探すのが一番かもしれません。
ちょっと前までは休みの日は寝っぱなしでしたから、その時は全く気を使わなかったので、少しは気力がチャージされていたのかなぁ、と思うようになりました。
気力と体力は、体力が回復しても気力は回復しないんですね…
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

仕事と心 

先週辺りから、やたら物忘れが激しくなりました。当然それに伴ってミスも増えていきました。
会社の上司には言われませんが、外出先のお客様から目の様子がおかしい、今まで何人かそう言う目になって、そのまま会社を長期間休んでしまった人がいる。医者に行って診断書をもらって、いざという時に会社に診断書を出して、長期間休んでは?と言われてしまいました。
昔の自分は、こんなに物忘れが激しくなく、嫌でも仕事はできました。物忘れはありましたが致命的なミスはなかったと思います。
今はこんなにも仕事が出来なくなっている自分に、ショックを感じています。
要因は沢山思い当たります。
全く畑違いで分からない仕事をしている事。まだまだ知らない単語が出てきます。かと言ってとてもそれをヤル気を出して覚えて、とはなりません。
もう1つは、今の会社が自分に合わないと感じている事。いろいろな意味で自分の置かれている環境が嫌で嫌でたまりません。全く違う条件で入り、会社がその部署から撤退してしまったので、自分の力が出せるところがなくなりました。
最後は年齢です。自分では毎日の事なので年齢を意識していませんが、やはり脳が衰えて物覚や、昔仕事が出来た事しか覚えてなく、現状から目を背けてる気がします。
そんな状態で仕事をしているので、物忘れやミスに拍車がかかり、パニックに陥り、余計に心が弱っていってしまったのが、いよいよ表面に出てきてしまった感じです。
贅沢を言えばきりがありませんが、離婚や父親の死などを含めどんどん環境が変わっていきます。年月が過ぎれば当然の事なのでしょうが。
しかし、はたから見て目に活力が無くなっているのには自分では気が付かず、会社の上司も気が付かず、お客さんに言われるとは…
前に居場所の事を書きましたが、やはりある程度自分にとって心地が良い居場所がないと、癒されず、疲れが溜まり、活力、ヤル気が失われていくのでしょうか?
月曜日に久しぶりに希死念慮が出てきました。働き始めて2年半が経ちましたが、これで再び、と思うとこれからの生活に恐怖が付きまといます。
立て直すには、苦しくなる前に休むしかないんでしょうか?
最近、徐々にヤバイな、と思いが強くなりました。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋13 

アイコの容態は、良い日があったり、悪い日があったりするようになってきました。メールを送れない日も出てきたので、そんな日は非常に心配になり、いろいろな事が手につかなくなっていました。

ある日、彼女は私に、

辛くないは嘘よ!辛いし死ぬほうがいいと思う事も有るわ!たえられない。
Keisuke何時まで耐えたらいい?
Keisukeもうそろそろ限界。

とメールで書いてきました。私には想像出来ないくらいの痛さだったのでしょう。痛さが増えていく中で死に向合う辛さを考えると、私には投げかけられる言葉もなく、自分が鬱の底辺でやった自殺未遂の事を初めて伝えました。
そして、複雑な二つの気持ち。辛いのが止まるとは、亡くなる、という事ですが書いていても、やはり少しでも長く頑張って会った事がなくても、時間を共有したいと思っていました。

Keisukeはこの病気で2回自殺未遂した。
その後に同じような病気の人が二人自殺しちゃって、自殺は良くない事は理解できた。でもマイコのは少し違うのは分かってる。

Keisukeには二つの気持ちがある。
辛いのが止まって欲しい、と言う気持ち。
少しでも長く頑張って欲しい、と言う気持ち。

相反する二つの気持ちをメールで送ると、彼女からの返事は、

冗談よ。頑張れるよ。
Keisuke! No one matters but you
ただ、keisukeいるから

きっと本心は耐えるのが本当は嫌だけど、私を悲しませないようにわざわざ冗談という言葉を使って送ってくれたのでしょう。
私はそんな彼女に旅行記の他にできる事は無いかと考えて、YouTubuで今まで自分が聞いた中で、良かった曲を探して送るようにもし始めました。

私自身、十分に理解していました。もう残されている時間は、本当に少ないんだと。
その限られた時間の中で、どうやって思い出を作り、少しでも幸せを感じてもらえるか?これを考える事が私の日課のようになっていました。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋12 

アイコから、いつものメールに返信がきました。そのメールの内容は一時危篤になった、という内容でした。この状態で死亡くなってしまう人もいるようです。

そんな彼女が一時記憶から、戻った時のメールを今回はそのままこのブログに載せます。

私はkeisuke、目を開ければkeisukeが目の前にいるのよ!
ここに来る途中も母が目元にタブレットを置いてくれていたの。時々目を開けるとkeisukeが見えてたし、ずっと声が流れてたの。

不思議な空間に居たような?

寝ているような?

起きているような?

言ってなかったね、Keisukeが私を何度も呼んだわ。keisukeが揺さぶって起きろ!で、起きたの。あのまま昏睡状態が続いて今もそうだったかも知れないね?血圧が30-58下がって一時危篤だったみたい。
母もオッキさんもアーヤですら、覚悟してたのよ。
母が「ケイ君が呼んだ?」聞いたわ!
うるさいから起きたのよ、って言いたかったけど、声が出ないからうなずいたの。
エピソードよ。ありがとう。

私はこのメールを見た時にとても衝撃を覚えました。本当に残されていない彼女の時間。たったメールのやりとりだけで彼女を幸せに出来る方法を真剣に考えました。

彼女はいくら一年前から私のブログを読んでいたとしても、それ以上には私の過去を知りません。そこで私は今までの自分の経験の中で、彼女が行きたいと思っている海外で、私が行ったことのある旅行の話題を毎日一つは書いて送ろうと決めました。ちょっと面白おかしく書いた旅行記です。それを読んでもらい、少しでも面白さを想像してもらいたかったからです。当然、その文面の最後は、必ず一緒に行こうね、で終わらせていました。

彼女も無理だとは知りつつも、いつも一緒に行きたいね。連れて行って案内してね、と書いてくれていました。昔から国内、海外旅行を多くしてきたので、その話題については毎日書くことができました。そんな素人が書いた旅行記を毎日読んでくれて、短い文章ですが、苦しい中でも朗らかな返事が返ってきました。

そして、私の病気や日常の生活も毎日母親のように、ちゃんとした食事、減薬、睡眠について励ましてくれていました。そんなメールは彼女の私に対する日課であり、彼女が私に出来る精一杯の助力だったのかも知れません。

その時期は、私も減薬や食事、睡眠をまるで母親に優しく言われるように、努力をしていました。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋11 

アイコとのメールを後から、義理の弟に聞きました。医者がモルヒネを打たないと痛いから、早く打つように、と言っていましたが、メールを書き終わるまで打たなかったようです。
医者はおそらくすごく痛いはずなのにモルヒネを打たないで、メールを書くのは凄い気力だ。よほど大事な内容なんだろう、と言っていたそうです。
内容は、おそらく意識がある時間に書いていたのでしょう。書かれた内容に、時間が記されていた1日の感想や出来事を書いてありました。
私が送っていた風景や花の写真には必ず、「綺麗だね、良い所だね、元気になったら一緒に行こうね。」と書かれていました。
出来ない事は私も十分に承知していたのですが、少なくとも希望と夢だけは持っていて欲しい一心で送り続けていました。
そんな毎日が徐々に過ぎて行きましたが、それでも私は、朝、夜のメールが待ちどうしく、限られた時間だとは分かっていても、違う花を見つけたり、都会の綺麗な公園や道端にひっそりと咲いている写真を撮っていました。
もう、その時には一度も会った事のない彼女に心から恋をしていて、本当に神様がいるのなら私の人生と引き換えに彼女に私の時間をあげたい、と毎日祈っていました。
彼女のお母さんから、たまに来るメールも、義理の弟から来るメールも、アイコは本当にガンと闘っています。昔のアイコだったら、とっくの昔に闘うのを止めて、早く楽に死ぬ方法を考えていました。
ガンと闘って少しでも長く生きよう、としているのはあなたのためです。希望を失わせないように、とにかく沢山メールを送ってあげて下さい、と書かれたメールも頻繁に届くようになりました。
この時期までくると、私の胸は本当に恋人が目の前でガンになり、横で励ませない自分に対して腹立たしく、やるせない気持ちになったのを覚えています。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

仕事と転職活動 

そろそろ転職活動を始めて、2ヶ月が過ぎようとしています。
現在の会社は今までずっとやってきた業界。入ったのは当初の仕事内容が面白そうで、しかも実際に面白かったでした。
しかし、会社がその事業から撤退。色々な部署をたらい回しされて、今の職種になっていますが、それは形だけです。
そんな毎日を送って一年は、何も考えずにやってみようと思いましたが、ここ数カ月将来に対する不安と、会社でのパニックになる回数が増えてきました。
やはり自分で疑問に思っている、自分である程度やり甲斐や好きな事をやらないと、負の連鎖に陥ってしまいます。
そこで転職活動を始めたのですが、賞味期限が切れているのと同じで反応はあるのですが、大抵物凄い歩合制だったり、給与がかなり低めのところばかりです。
贅沢は言ってられませんが、やはり転職活動となると人生の棚卸を考えてしまいます。なんでこの業界に入って、何をしてきたんだろう?と。
基本的には私はコンピュータが好きですし、英語が好きで、どちらかと言うと営業系だと思っています。
しかし、今となっては資格と今までの経歴から、営業はともかく、今の業界から抜け出す事は不可能に近い気がしてきました。
ここ最近痛切に感じるのは、やはり好きな事をある程度見つけて、しっかりその経歴を積んでいく事。職種は変えられるので、業界はよほど大企業に入らない限り、好きな事を考えて転職をして自分のやりたい事を見つける。これがとても大事だと思います。
年をとったせいですか、若い人に真剣にこの事を伝えたいと思います。年をとった人間には、自分の反省を伝えて、より良い人生を歩んで欲しいと思います。
今の世の中は学歴より、資格ではないかと思っています。また、どんな仕事にも嫌な事はあるでしょうが、少なくともやり甲斐を感じながら通勤する、それが一番だと思います。
何せ1日の中で一番時間を使いますから…
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋10 

メールをやり取りしている中で、彼女からゴールデンウィークに会いたい、とメールが来ました。
その為にアイコはパジャマ、歯ブラシ、寝る場所も用意してもらっていました。自分では出来ないので、義理の弟に頼んで全て揃えてもらっていたそうです。
さすがにベットでは一緒に寝れないので、私が寝るソファの写真を送ってくれました。
私は彼女に会える、と言う幸せな気持ちにもなりましたし、アイコの義理の母と弟に会える事を楽しみにしていました。
彼女もその為に、ゴールデンウィークまで頑張るから心配しないでと、メールを送ってくれましたが、ちょうどその頃からメールの内容が、変わってきました。
それは普通のメールと違い、その日の時間毎の内容に変わっていきました。
彼女はその理由も書いてくれました。それはガンが進行して、意識を失う事が増えたので、意識がある時に、その時の気持ちや出来事を書いたメールで、書いた時間を記してありました。
そしてその苦しくない時に思った事、感じた事を書いて送ってくれていたのです。
私は意識がある時に書いているメールを読みながら、その苦しさ努力、その努力を知ったのは後になってからでした。
そんな状況にも関わらず、私は彼女に会える事だけを嬉しく単純に、そして彼女の苦しさを考えずにいたのが今でも後悔しています。
彼女は力の限りを尽くして、私にメールを送ってくれました。私も自分では出来る範囲で送っていたつもりでしたが、決してそうでは無かった事が悔しくて仕方がない気持ちが今も残っています。
そんな私の返信メールに対しても、彼女は気にしないで、「私は意識がある時に、正直な気持ちをその時に書いているから」と優しく送ってくれました。
そんなやり取りをしているうちに彼女の容態は、私が思っているよりも遥かに進んでいたようでした。
今でもそんな彼女に自分は、最善を尽くせたのか、彼女を本当に幸せを感じるメールを送れていたのが分かりません。
きっともう少し出来る事があったはずです。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

ビィフワー、アフター 

病気になってから、ずいぶん人が変わったと思う事が多々あります。
病院のせいばかりでもなく歳のせいもあるでしょうが、私が一番変わったなぁ、と思う事はとにかく人との争いが嫌になった事です。
昔は進んで、問題を片付けて、人が争っていると仲裁に入って揉め事を解決していましたし、間に立たされても、気合を入れて双方に相対し解決を図りました。
その時は力付くでも、みたいなバイタリティーを発揮して、相手をねじ伏せ、自分も負けじと勉強や努力をして片付けた事が多々ありました。
ところが今では間に立たされると、すぐにパニック障害みたいになってしまい、優先順位も分からなくなってしまいますし、萎縮してしまいます。そうなると、相手が優しければいいのですが、嫌な人間だと畳み込むように攻撃の手を増してきます。
今の職場はそういう場所なので仕方ない、と思いますがストレスの溜まり場になってしまい、解決方法は自分に「割の良いバイト。いつか辞めよう。」と言い聞かせるか、ツイッターで吐くか、後は睡眠薬で寝て忘れてしまう、とやってます。
一言で言えば、社会が怖くなってしまっている気がします。何とか順応しようとしているのですが、当然仕事は次々と問題が起こります。
また、とある人に言われて、もしかしたら見破られたかもと思った事があるのですが、自主性などを発揮出来ません。
以前に医者に発病した時に、希死念慮はありましたか?と聞かれましたが、そんなものは何度となくありました。
医者曰く、次に再発したら入院ですね、と言われましたし、今まで120%の力で働いて来たのだから、これからは60%くらいで働いて下さい、と。
まぁ60%で働けば、実績は出るわけ無いし、そもそも仕事が出来ません。すっかり会社では仕事が出来ない人のレッテルを貼られている気がします。
その会社でヤル気がある訳では無いし、出世など望んでいないのですが、このままの生活を後10年以上も送って、その挙句がと思うとますますヤル気が失せて行く、という悪循環にハマってしまっています。
ヤル気が無いのは良いとしても、問題解決能力が下がっている事、パニック障害みたいにすぐに陥る事。そして併発している脚が凄く痛くなる事。
私よりはるかに、悪い状況にある人が沢山いて、その人たちはもっと酷い状況にあって、私は仕事があるだけマシだと思うのですが、過去の自分が頑張って働いて、上を目指していたバイタリティーがあったのが、信じられません。
とにかく今は現状打破を考えて、死ぬ時期を迎えるまでもう少しだけで良いから、自分の人生を納得したいと思いながら毎日を過ごしています。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top