11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

暇に任せた考え整理 

暇に任せて、もう一つブログ書きます。

病気からなんとか就職活動を初めて3年半経ちました。
その時は、病気を隠してクローズで活動し、最近辞めた会社に入りました。

約3年前は就職活動をするにあたり、一番に考えた事は病気が悪化するような会社には入らないこと。また、パワーを使う営業などを選ばない事を中心に考えていました。

しかし、実際に就職してみるとやはりある程度のパワーは使いましたし、事件にも巻き込まれ最初の一年間は再発するのでは、との恐怖がありましたし、実際に積極的に人に会う事は避けてきました。

一年はなんとか仕事だけするような状態が続き、どうしても合わなければならない友人とだけ会うようなにだけ合っていました。ようやく複数の人がいる集まりに出れるようになったのが、一年前からです。

そして会社から営業に移されたり、色々な部署をたらい回しにされているうちに元気が戻り、徐々にたくさん人がいてもその集まりに出られるようになりました。

そうこうしているうちに、人生のイベント、離婚が起こり悔し紛れにこのブログに書きました。離婚でうつ病になる人もいるくらいなので自分は大丈夫だろうか?と心配しましたが、特に酷くなるわけでもなく乗り越えました。今思えば、自分で言うのもなんですが、家庭にいて子供たちに休みの日に寝込んでいる姿をみられなくなった気持ちの方が上回っていたのかもしれません。

そして、会社にもだいぶなれた時に仙台転勤辞令。その時は、預金がほとんどなかったので辞める選択肢はありませんでした。いざ、仙台転勤になると転勤前に言っていた事と全然違う内容。しかし、お金を使うあてもなく貯金はすることができました。

それもあり、やらされる内容もこのままここで年をとって老いて行くだけの時間にとても我慢が出来なくなってきました。そちらの方が激しいストレスになってしまいました。仕事自体と通勤だけはとても楽でしたし、なんの変哲も無い人生と病気を治す事だけを考えていれば、そっちの方が良かったのかもしれませんが、先にも書いた通り、どうしても自分の人生を少しでも病気前に戻したい気持ちが出てきて、辞める決断をしてしまったと思います。

しかし、3年間会社に行けた事で大きな自信がつきました。それは多少の困難に合っても乗り越えられるくらいには体調が戻っていること。人にも積極的に会えるようになっている事です。

そんな事が積み重なったので、数年前には考える事が出来なかった営業職で今度は転職活動をするようにしています。また、かつてのトラウマ(私がやっていた以前の職種)が消えて、その方が自分にとっても勉強の量が少なくてすむし、その分他の事を吸収できるとの思いも出てきました。

リワークに半年通い、就職活動を3ヶ月行い、3年間会社に勤める事が出来てかなり病状が改善したと実感しています。もちろん薬は飲んでいますが。

会社には迷惑かもしれませんが、本当に良いリハビリになりました。会社も私の扱いを持て余していたようなので良かったのでは無いでしょうか。また、仙台で辞めた事も結果としては人間関係が構築される前に辞めたので、人間関係が構築されている東京で辞めるよりは良かったと思っています。

発病してから、6年弱経ちました。病床に伏して感情の激しい乱高下をしていたのは、今思えば2年間だったのか、と思うと短かった感じがします。

今までの会社は本当に人間関係で心に悪かったので、次に何をやるかは別としても人間関係が良い会社、仕事をしたいものです。そして次の目標はある程度お金をためて、金銭面で安定をしたいと思います。
思った事。  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

ヤル気はないが副業 

今日は休日でしたが、だいぶ早起きしてしまいました。それもそのはず、寝たのは9時です。でも朝も9時に起きたので、12時間睡眠でした。しかし途中に起きてしまったので、全くの12時間ぶっ続けでねた訳ではありません。

とりあえず、起きてぼーっとして。

しかし、今日副業を進めないとやらなくなってしまう、と思いとりあえずパソコンの前に座りました。最初はイライラする中で、椅子から離れたり、ベットに横たわたっりなかなかヤル気がでず、スロースタートになってしまいました。

それから徐々にペースも上がってきて、十分に打ち合わせができる状態まで完成させれました。やはり大きな原因は久しぶりにやると、忘れていることが多く進み方も遅くなってしまい、それで嫌になるという悪循環です。

それでもやり続けているうちに、確かこんな機能があったはずだと思い出し、その機能を使っているうちに他の機能も発見して効率があがってくるので、スロースタートと悪循環から抜け出す事ができて、思いの外進む事ができました。

やっぱり継続は力なり、ではありませんがやり続けないと何事もスムースに進みませんね。

とこのブログをブラインドタッチで全て書いているのですが、集中力がきれたのでしょうか?全く進みません。
意外とホームページ作りで、気力を使ったようです。

つかれたので休憩時間です。
思った事。  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

移住計画 

最近、東京でサラリーマンをしている事に限界を感じ始めました。今の会社にいても将来の展望が見えてきません。そしてさらに将来この会社で、定年を迎えて一人暮らしで終わってしまう人生にも疑問を強く感じるようになりました。

そこで転職活動をしていたのですが、当然その範囲は東京に限られていました。しかし、最近思いついた事があります。私の所属している業界は建設業で、もしかしたら地方にも建設業の募集があるのではないかと。

話は少し脱線しましたが、その前に移住計画を立てていました。それは前回書いた通りこの先の人生が見えないからです。定年まで今の会社にいるとはとても思えません。

しかし、突然移住してもコミュニテイが移住者を拒むそうです。そこで考え付いたのが、どうせ転職するのであれば地方の建設会社に就職を決めて移住し職場仲間を作ってその中で、コミュニテイを一旦形成いて仕舞えばいいのでは、と思いました。

確かに建設業界かから脱出したいのは山々ですが、背に腹は変えられません。自分いた業界なら地方ほど転職のハードルは低いのではと。実際にネットで調べて見たのですが、募集年齢が東京と比べると東京より高めになっていましたし、給料も十分に生きていける金額です。

通勤の事も考えましたが、東京では一時間くらいは当たり前で苦になりませんが、地方で一時間かければ辺鄙な田舎までいけると思います。そして辺鄙な田舎まで行けば家賃はとても安いし、しっかり貯金すれば、今かからでも変えるかも知れません。

そしてなんと行っても東京のようにあくせく働かないイメージがあります。これは私の勝手な感想ですが(笑)人生をどう終わるかはその人によって考え方も違うと思いますが、今の私の夢というか計画は着実にそちらに傾いてきました。

そして田舎に行ってやりたい事もあります。またホームページや会社のロゴを作ったり、クラウドワークなどもできるので、会社力の合間にそのような事をやっていれば、軽井沢ならかなりの需要があるに違いない、と踏んで軽井沢に移住を計画しています。

土地勘も全くないので、ちょっとこれから通いながら土地勘と情報収集して今は単なる夢かも知れませんが、現時的な計画にして行こうと考えています。

どなたか有力な情報をお持ちの方がいたらぜひ、情報の提供をお願いします。

テーマ: 信州

ジャンル: 地域情報

思った事。  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

やり甲斐 

ここ数ヶ月、やり甲斐について考えます。前にも書きましたが、デイワークに通っている頃本を読みました。本を読む気力もなかったのですが、病気に関する本は良く本屋で見ていました。
その中で今だからこそ痛切に感じる事があります。それは、やり甲斐があって、規則正しい生活を送れる仕事、みたいな事が書いてありましたが、その時はそんな仕事はある訳がないと思っていました。
しかし、実際に働き始めるとつくづくそうだなぁ、もう少し就職活動を真面目にやっていれば良かったな、と言う思いをひしひしと感じます。
ちょっと話はずれますが、私には兄がいて同じ頃にうつ病にかかっていました。今ではすっかり完治みたいになってクスリも飲んでいません。また、兄は独身なので仕事場が唯一の社会と接している場所です。
そんな兄が、先日会った時に「仕事が楽しいから、職場に行くのが楽しみだ!」と言ってました。兄は職場に居心地の良い場所を見出しています。
ひるがえって、自分の置かれている状況を考えると、職場はとてもやり甲斐があるどころか、常に今いる業界を抜け出したい、といつも考えていますし、先日苦しくなってきた、と上司に話したら、「根性が足りない、もっと勉強しろ!」で終わってしまいました。
好きな仕事でやり甲斐を感じれば、勉強もするかも知れませんが、毎日精神的に疲れて帰ったらhuluを見て寝る。次の日の事は考えない毎日が続いています。いくら沢山寝ても、気力は復活しません。それどころか、どうやって気力を使わないように仕事をするか、考える毎日です。
何かのために生きる、と言う考えもありますが離婚して子供と離れ、徐々にですが子供との距離を感じてそれも実感出来なくなりました。
やはり、多少所得が下がっても、何らかの生きるための理由はとても大切だと思いを切実に感じています。
その何かを探すためにいろいろ試してみましたが、結局のところ余計な気力を使ってしまった感じがします。
何かのために必死に生きる、ただ単に生きる、そこには大きな違いがあると思います。会社に行ってメリットは行く場所があるから起きる、くらいになってしまってます。
残りの人生は、何かのために生き甲斐を持ちたいものです。
思った事。  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

原点に戻ろう 

ここ最近ずっと起業の事を考えていて、いろいろな事に目を向けてみた。
しかしなかなかそう上手くはいかないのが現状だと思い始めた。
そもそも起業を思い立ったのは、アフリエイトがキッカケだった。アフリエイトの設定を見ているうちに、これならホームページを作れる、と思って学校に行って一年間勉強をした。
でも、ホームページ屋さんではとても起業出来ないし、特に若い人の感性にはなかなか着いて行くのが大変。
そして今日原点に戻ろうと思った。その原点とはアフリエイトを使ったブログ。
書かなくなってからいろいろな事が起こった。アメーバブログも毎日書いていたのにやめてしまった。
だから改めて毎日の事や、感じたことを徒然にまた書き始めようとおもう。
原点に戻ろう!
思った事。  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top