09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

無機質な日々 

そろそろ書かないと記録にもならなくなってしまうので、ここ最近感じている事を書いておこうと思います。

人は日にちを一日単位で捉えていると思います。

しかし、私は最近一日と考えずに、一回と考えてしまっています。
一週間は全部で7回、同じ事を毎日しているので、一日が終わったのでは無く、一回過ぎたと考え土日が休みの時は二回の引きこもり。

毎日が本当に淡々そ過ぎて行きます。その淡々さが一日では無く一回と思わせてしまっているのでしょうか?

そして、後何回寝れば状況が変わるのか考えてしまいます。

東京にいれば自分で多少の行動によって、状況を変える事も出来ます。しかしここでは下界に降りないでいると全く何の変哲もないので、変化を感じ取る事が出来ません。

そしてお金は溜まるのですが、給与の残りの範囲でしか貯められず、前にやっていたアルバイトも出来ないですし、毎月貯まるお金も極僅かです。

先日、思い切って東京の会社に転職活動をしようと申し込んで見たのですが、やはり東京の会社はここからはなかなか難しいようです。しかし、地道にやって見ようと考えています。

ただ、転職活動をしようとすると考えてしまいます。考えると毎日が逆に辛くなってしまいます。考えを止める事が唯一、一日、私にとっては一回を辛く無く過ごす方法になってしまっています。

多くの人はこのような中で生きているのだとは思うのですが、私にとっては生き甲斐もある訳ではでは無く、より一層無機質な日々になってしまっているのでしょう。

しかし、書こうと題材を探してもこれと言ってないので、またしばらく書かないままになってしますでしょう。
忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

そろそろ書かないと… 

この所全く書く気が起こらないまま、ブログを放置していました。確かFC2のブログって有料でも3ヶ月放置すると広告画面が出てしまうとか。それだけは防ごうと無理やり書きました。

ブログを書いていない間にあった事は、確か左脚の膝の靭帯を切って、そのまま引っ越しした事くらい。

確かこれは書いてないんじゃないいかな。。

左脚の靭帯を切った理由は、自転車で大転倒してどうも外側に足を曲げてしまったのが原因です。引っ越し前にやって引っ越し先まで痛い足を引きずって、移動しました。その移動中の痛さと言ったら、よくもあの足でここ迄来れたなっと言った感じでした。

あまりにも痛くなって来たし、医者に行かないのも怖かったので救急病院を紹介してもらい行きました。とりあえずその日はレントゲンを撮って骨折をしていない事を確認して、簡易ギブスをはめて新居に帰りました。

松葉杖も借りたので、転勤してからの初出社はみんなを驚かせました。そして上司らしき人と話し合って、MRIを撮って確実に会社に来れる状態を確認してから来てください、と言うことになりいきなり一週間の有給休暇になってしまいました。

そして、脚も痛いので全く外にも出ずにひたすら部屋の中で寝っぱなし。インターネットの工事も来ていなかったので、本当に暇でした。

インターネットが引かれるといつものhuluを見れるようになったので、またまたhulu三昧の日々を後半は過ごしました。
そしていよいよMRIの日に。靭帯が切れていれば手術で、非常にその辺を心配しました。

まぁ、結果としては靭帯は切れておらず、ギブスでガチガチに固めることになりました。そして松葉杖で歩くことに。生まれて初めての経験でした。

そんな感じで家と会社の歩いての往復の毎日が続き、やる気はないは、出ないはで、全くブログも書く気にもなりませんでした。

明日はいよいよギブスが取れて三週間ぶりにお風呂に入れます。そして二足歩行に戻ります。

しかし、ここでの生活が2年続くと思うとそれだけで憂鬱になります。強いて良いところをあげるとすれば、思ったより何もないのでお金はたまりそうです。

とりあえず、それを希望に耐えようと思います。

しかし、引っ越しと重なって靭帯を切るとは。。。

忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

人生計算 

移住計画を立てていたのですが、会社で暇だったので、移住した方が良いか、都会に残って仕事をすべきか、70歳までのロングプランをついつい計算してしまいました。

結果は、都会にいると70歳の時点で貯金500万、仕事の保証付き。今の会社ですが。
移住計画を実行した場合、70歳の時点で貯金100万くらい、そして仕事があれば生きていける。ちなみに移住計画は55歳で実行です。

移住計画の最大の問題点はやはり仕事です。しかし家賃が0、食費もかなり安くなると予想するとハードな仕事はいりません。極端ですが今の副業が毎月一回あれば生きていける感じです。しかし、その保証はありません。

今の会社にいると安泰です。昨日なんかが典型ですが、中小企業の社員は働きません。私は午後からやることがありませんでした。ぬるま湯の中でぬくぬくと生きていける事は間違えないですが、一生やりたく無いことに時間を潰して生きて行くことになると思います。

あくまでも机上の空論で、仕事があれば移住計画を実行した方が良さそうです。

そのために何か今のうちから月に10万でもいいから自動的に入る仕組みを作る事が重要です。逆の言い方をすれば、それが出来れば、圧倒的に移住計画を実践した方が良い、と言う結論に達しました。

今のうちからできる事は、ホームページの出来を良くする。ノマドワークで文章力をあげながら、どんどんやってみる。クラウドサービスに目を光らせ、お金になりそうな事を考える、でしょうか。

しかし、社畜になって働いて、その結果をシュミレーションすると恐ろしいですね。何のために生きているか?それは会社の歯車として機能するために生きている、みたいな感じです。

そこには夢も無ければ、自由もありません。あくまでもですが今の段階では、机上の空論の結果、移住計画が勝ちました。
これからもっと現実性を高める為に、移住先に通ったり情報収集して行く事が重要です。
頑張るぞ!移住計画!本当は2人だと楽勝と言う悲しいシュミレーションが出ているんですが…
忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

結婚式に憧れる 

死ぬまでにしたい事に、私の場合は結婚式があります。一度結婚してるのに?という疑問もあるでしょうが、ある意味、本当の結婚式をしたいと強く思っています。

その理由は、私が最初に結婚式をした時は離婚を前提に結婚してしまったような感があります。一言で言えば結婚するのを辞めようとしていたのですが、押し切られて結婚してしまいました。

まだ、その時の気持ちを覚えていますが、出席者の顔を見て祝福してくれているのにこの人達を裏切る事になるんだなぁ、と思いながら、表面で感謝の意を伝えていました。

その後も何度も離婚したいと思っていたのですが、そこは一緒に暮らしている男と女。子供が出来てしまいました。堕ろすという事も一つの選択肢であったかも知れませんが、私にはその決断が出来ず、生まれて来た子供の顔を見たらやはり離婚は子供のために出来ない、と思うようになっていました。

しかし、先日ふた組の結婚式を偶然見てしまいました。その結婚式を見て、二人はどう思っているか分かりませんが、私にはとても幸福そうに見えました。

この歳になって結婚式に憧れる、というのもバカな話かも知れませんが、やはり結婚するときには少なくとも両想いではならない。そうでないと幸せは感じる事は出来ない、と痛切に感じました。

もう人生もそう長くはありませんし、祝福してくれる人もそう多くはいないと思います。しかし、私は人生で死ぬまでにしたい事に、本当に好きな二人だけでもいいから結婚式をしたいと感じています。

まだ、これからも機会はあるかも知れませんが、先日見た若いカップルのように無条件でその結婚式に疑問を抱かず、将来の本当の伴侶と出会って、本当に二人の幸せを考えて結婚式をしたいと思っています。

まぁ、若い時のように勢いで結婚も出来ませんし、何よりも出会いがないので結婚という、たったふた文字の事を実行できるかどうかも分かりません。結婚サイトにも登録して何人かとも会いましたが、そこから恋愛が始まって、お互いに好きになってなんて言う結婚はどうやら、単に理想のようです。

あって見た中で、とある人が結婚相談所の話をしていましたが、この歳で結婚する人はほとんどが妥協で結婚している、と言う事を行ってました。

妥協で結婚するのではなく、やっぱり結婚って本当に好きになった人と生涯を共にするためにしたいものですよね。それはなかなか難しい事なんでしょう。

でも、本当に好きな人と結婚式をあげて生涯にわたっての伴侶が出来たら、と心から思っています。

若い時の結婚や、ある程度年が行っても結婚をできる事はないとは言えませんが、最近それも難しいかもと思い諦めの気持ちにもなって来ました。

なかなか私には本当の意味で、結婚をできる、と言うのは人生ではないのかも知れません。それでも本当に好きな人と結婚をいつかできる事を夢見ていたいと思います。

それが私の死ぬまでにしたいことの一つです。

テーマ: 婚活サイト

ジャンル: 独身・フリー

忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

ノマドワーカー 

どうも、休みが長いといろいろな事を考えてしまいます。その一つが仕事の事を全く考えないので、実際に集団の中に入って仕事をするのが嫌になる事です。

以前にも旅行のことで少し書きましたが、どこに行くにしても組織に所属じていると、休みが大体決まっていて、その休みは盆と暮れで旅費が以上に高いことです。

仕事は普段休みの日に働けば、代休という制度が使えるかもしれませんが、代休を取ろうとしたら単純な話ですが、普段の仕事に対して休みなく働く、と当たり前の結果になってしまいます。

まだまだ、病気が怖い私としては休みなく働く、という状況に一抹の不安を感じてしょうがありません。今回だってさすがに休む必要はなかったのかもしれませんが、周囲からはだいぶ疲れて見えていたようです。

その仕事もやり甲斐があればまだしも、やり甲斐のない仕事となってくると症状が顕著に出てきてしまいます。そこでいろいろな意味を持ってノマドワーカーに憧れてしまいます。

しかし、実際にいろいろ休みの期間にトライして見ました。一つはFX。当たり前の話ですがその技術の無さに割れながら嫌になります。デモ講座を使ってやって見たら、大赤字。どうやってこれで利益を出すのか不思議です。

他にトライして見たのがクラウドワーク。2日しかやってみてませんが成果は2千弱。これでは食べていけません。必死に探して、やり続ければもう少し行くのでしょが。

そして今日もやり続けている半ば遊びに近いアフリエイト。これで料金が発生したことはありません。

残るところ、起業してみる、とかあるのでしょうがとてもではないですが、これと言ってアイデアや技量が追いつかず、何をしていいやら、考える毎日になってしまっています。

どうもサラリーマンは時間の切り売りをしている感じが拭えません。このまま定年まで働いて、中途だからささやかな退職金をもらって、そのあとは年金生活。全く自分では想像ができない生き方です。

やはりつくづく思います。今の世の中にはゼネラリストでは全く通用せづに、スペシャリストの方がいろいろな生き方を選択できるのではないかと。

今日も昼夜逆転していますので、慣れないFXをゲーム感覚でやりながら、簡単なクラウドワークをやってみようと。何もやらないよりは、きっとノマドワーカーや起業につながる何かを発見できるのでは、と思いを馳せながら。

毎日、ブログを書いているおかげで、文章を書くことは苦にならないのですが、さすがにプロとしてやっているライターまでは行きませんから、きっと先は長いんでしょうね。まぁ千里の道も一歩から、と言いますのでボチボチ考えて行きたいと思っている今日この頃です。
忘れないうちに  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top