09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

プラトニックな恋17 

アイコは最後の力を振り絞って、行きているのがだんだんと分かり始めました。

メールの内容は苦しくて、怖くてしょうがない、あなたにそばにいて欲しい。
と言う内容、のメールが何度か来ました。

もう彼女は死の淵にいて自分でどうして良いか分からない状態だったようです。
私もこれ以上を持たせても非常になってしまうと思いメールを書きました。

親愛なるマイコ

ただいま、肉体労働から帰って来たよ。今日は綺麗な写真じゃなくて、男ばかりの世界。

長いから疲れてい無い時に、ゆっくり読んでね。

マイコ、もう深く考えなくていいんだよ。
先読みしなくていいんだよ。
毎日、自然になるがままに。
もう今までいっぱい考えて来たから、後は心を穏やかにするんだ。
今の状態でベストじゃない自分に怒っても全く意味が無いよ。当たり前だから。
Keisukeも時々、仕事ができ無い自分に腹が立つ事がある。
昔ならもっと仕事が出来た、バカにされたら闘争心がでた。
でも、そうでは無い自分。
その時は自分に言い聞かせる「しょうがないよ、精神病であれだけ大量に薬飲んで仕事出来てるんだからかっら。世の中には似た病気の人で、十年以上働け無い人がいるんだから」って。

家族のこともいいじゃないか。Keisukeの両親はKeisukeが今どうなってるかも分からない。
Keisukeの事を一番知ってるのはやっぱりマイコだよ。

Keisukeはマイコに甘えたよ。十分に。
妻から家に帰ってくるな!と言われた日を覚えてる。
Keisukeは正直いって消えてしまいたかった。
全てを失った、と思って悲しくて、そのままうつ病になりそうだった。
それを助けてくれたのは、マイコ、あなたなんだよ。
Keisukeはその日のマイコのメールを何十回読んだかわからない。
それでなんとか保てた。これ以上の甘えってあると思う?

あと一つだけ甘えたい事がある。マイコの持っていた何かが欲しい。
ずっと身につけていられるもの。
それだけは甘えたい。話さずに持っていたい。
お金よりもそっちの方がKeisukeはいい。
それで一生マイコといられる。

お金の事は、言う事じゃないよ。男だから?違うよ。
日本男児だから、武士の精神が多少あるから。Keisukeは長い間武道をしていた。
だからそれだけは切り出せなかったんだ。

あとは会社の事も、子供の事も、脚の痛みも、独立したい事も、全部Keisukeの話をして甘えた。それは理解して。

未練と悔いの違いは、未練はまだまだやり残した事があってやりたい。
悔いは、悪い事をして反省してる、って感じかなぁ。

マイコ、本当にありがとう。Keisukeはマイコに愛されて幸せになれた。
だから中間に立たされても気にはしない。マイコの気持ちは分かるからKeisukeが伝える。
安心して。

全ての時間が過ぎたら、Keisukeを治しにきて。場所は教えてあるよね。
そしてKeisukeがマイコと一緒に登りあがって、プラーベートジェットで綺麗なビーチに行こうね。


アイコから帰って来た目メールはそんなに長くありませんでした。

Keisukeのアドバイスどうり自然にまかせる。
なんか、気が楽になったわ。

1:39今から点滴する。

Keisuke、長い間支えてくれて有り難う!
Keisuke元気になってね!

Keisukeの事大好きだったよ。
早く素敵な人が見つかるようの願ってるわ!
Keisuke会いたかった。勇気がなかった。
ごめんね!

本当に幸せだったよ。
書類が間に合わなかった。
もうボーットしてきてるけど
ずっとこのままkeisukeの夢を見てることをねがうわ
マムはしらない
Keisukeありがとう

まい


まだこの時はマイコにはほんの少しの時間が残されていました。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋16 

ある日、アイコから来たメールの中に、
「本当に困っていることがあるんでしょ。正直に言って。私があなたに出来る事と時間は限られているから。」
と書いてありました。

私が、日々の送るちょっとした内容に気持ちが引っかかっていたようです。それは私自身感じていた事でしたが、直にメールには書いたつもりもなかったですし、言うつもりもない内容でした。

しかし、彼女は文面からそれに気づき書いて来ました。そこにはとにかく正直に書いて欲しい、と言う気持ちがひしひしと伝わってくる内容だったので、私は自分の恥ずかしさを捨てて、書くことにしました。

それは、自分が最も不安に感じていること、病気の再発です。今でこそその不安はだいぶ和らいで来ましたが、アイコとメールをやり取りしている時は私には大きな問題の一つでした。

そして私には全く貯金がなく、再発したらとてもお金に困ることを正直に書きました。そのメールに対する彼女の返事は、
「あなたはバカだは。なんでもっと早く言ってくれないの?私ももっと早く気がつくべきだった。どうして?」
と書かれていました。彼女は日本の男の人はなぜ正直じゃないのか?と聞いて来ましたが、私は当然それを目的にしていたわけじゃないし、そんな事で迷惑になりたくない、と説明しました。

しかし、彼女はその内容に対して、できるだけのことをしたい正直に言ってくれ、と何度もメールで送って来たので、私は書くことにしました。全くお金がないので、生活を切り詰めて貯金しようとしている。ある程度、お金があれば安心できる事。そしてその目標額も。

そのことに対して彼女は、
「もっと早く言って欲しかった。あなたに私がしてくれて来たことはお金には換算できないけれど、私にはある程度お金を渡すことができる、それに甘えて欲しかった。今から遺言を書き直す。間に合うかどうかわからないけど、それまで生きる。」
と書かれて来ました。

私は、本当にそんな目的があったわけではないし、正直に書いた事を恥じました。しかし、生きて来た国柄の違いがあったのだろうと思った事と合わせ、彼女が何かしたい、と言う欲求が出てきて、それが少しでも生きる力になれば、と思い正直に書きました。

彼女の気持ちがどんな状態だったのか、正直わかりませんし勝手な解釈になるでしょうが、きっと私のために何かしたいと言う気持ちが強かった、と解釈しています。

まだまだ、彼女の事を全て書いていないので今はかけませんが、そんな彼女の気持ちは、最後になってとても分かる行動で表してくれました。


テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋15 

アイコのメールの書き方も、病気の進行と共に変わってきました。長文で一つの内容のメールでくるのではなく、一日の時間の中で書ける時に書いてある内容になってきました。

朝、昼、夕方、夜の時間ごとに書いてある事が一つのメールの中に書いてありました。当然内容もその時間ごとに、感じた事です。彼女はそのメールの中でたまに、意識がはっきりしている時に、少しでも嘘を書かず、自分の気持ちを、自分の感じたことを正直に書いておきたい、とありました。

それでも、私の夢物語のメールに対する返信だけは、心の中で未来を実現できないと分かっていても、夢見ることしかできないと分かっていても、その私の気持ちに答えるように、前向きで、いつかかなえたい、と言う応えがそのメールの内容の中にいつも書いてありました。

どんなに痛くてもモルヒネを打ってしまうと頭がぼんやりとしてしまい、メールを書けなくなってしまうから、痛みに耐えて書けるうちに、感じたことを書ける時に書いて、それをまとめて一つのメールにして送っていたようです。そして少しでも書けたら、モルヒネを打っていたようです。

後で聞いた話では、主治医が物凄く痛いはずなのに、良くそれに耐えてメールを書いている。すごい意思と忍耐を持った人だ、滅多にいない患者さんだ、と言っていたそうです。

私は、そこまでの痛みに耐えて書いているメールだとは思いませんでしたが、それでも送られてくるメールの内容でどんな状態かは想像ができました。

そんな状態だと分かっているからこそ、私が送るメールは夢物語でしたかもしれませんが、私自身は本当にそうなったら、そうできたらどんなに嬉しいだろうと思って書き続けました。送るメールは、前からなるべく難しい漢字は避けて送っていましたが、もっと読みやすくする努力をして書いていましたが、どうしても長文になってしまい、アイコは読むのにも痛さに耐えて読んでくれていたのでしょう。

私のメールがアイコの励ましになっていたのか?または少しでも希望になっていたのか?私が一方的に判断することは今となってはできません。私の送るメールのほとんど全てが、回復したら本当に彼女とやりたいこと、行きたいところ、を前提にした文章でした。

そんなメールでしたが、一緒にやりたいね、一緒に行きたいね、と全ての答えが過去形ではありませんでした。全ての答えがまだまだ現在形だったのです。彼女はきっと心の中では、来ないかもしれない未来を心から見て読んでいてくれたんだと思っていたんだと今でも信じています。

私も来ないであろう未来を自分の頭から打ち消して、心の底から望んで書いていました。もう私が書くメールのほとんどが励ましのメールではなくなり、二人で将来にしたいメールになっていました。嘘でもいい、でも私の書く内容が少しでも彼女の心にその気持ちを持ってくれて、頭の中だけでも、残された時間の中で想像し、本当にそうなった時の思い出を想像していて欲しい。そう思って書いていました。

彼女からの返信のメールもそれに答えてくれて、「あなたといつか行けるように頑張るからね、もっとメールを送ってね。」と言う返事も来ていました。私はきっとその気持ちは本心だったのだろう。現実と未来を分けて考えていたんだろうと感じていました。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋14 

そろそろアイコの時間も限られてきてるのは、感じていました。
私は彼女に自分の良いところだけを伝えているのでは、いい人のふりをしているのだけではないかと思い始めました。そして、すべて自分の悪い点もアイコに理解をして欲しくて、メールに書きました。病気になった経緯についても、その事でどれだけ周りに迷惑をかけたかも。

アイコの残りの時間を知ってとても自分が弱くなって、うつ気味になっている自分が、アイコには書いてはいけない、と思いつつとても気弱でまるで懺悔するかのようなメールを送ってしまいました。しかし、私の想像とは全く逆で、とても強い生命力にあふれた答えが返ってきました。

Keisuke弱くても良いの。
Keisukeが弱いとき、私は強いわ!
私が弱いとき、keisukeが強いわ!

私も弱くて情けなくて、keisukeに助けられた。わかってるの?????

私が誤解を招かせた。
ぜんぜん反対じゃない。
私の方が悪い人。
Keisukeが良い人間でないなら、私はどんな人間?最低で最悪だよ。
素直に書けば、自分に自信がないから、結婚しない。女らしくないわ。傷だらけ。家の事も、お料理は少し。インテリア良い。

Keisuke、何回も書いた。貴方は素敵な人よ。そのままのkeisukeが好きよ。
日本人はよく言う、貴女にはもったいない。そうだよ!もったいない。
ファンド、知ってるよね?
人のお金の運用するだけじゃないのよ。儲けだけじゃない。損もある。
リスクも抱える!抱える大きいリスク、破産、自殺、破滅と目の辺りにする。
相手によって、又狙う企業を平気で破滅させる!安値で買い占める、合併させる。それが私。
帰国してからは少し善人になったかも。
Keisukeを知らなければ、そのままの私。
皆が言うクール過ぎると、そのとうりよ。
Keisukeにふれて代わり出しただけ!

私とkeisukeの過去と意味は違うかも知れない。
Keisukeの過去、男性なら誰でもしてる。
まだまだましだと理解している。遊ばない男性は伸びない。面白くない。私は思う、良いじゃない老いれば帰ってくるわ。遊んでいるうちが花????

Keisuke、全てを理解している。
何があろうと、今のkeisukeに変わりは無いわ!うつ病になろうと!全て全く。
私もメールを書き続ける。返信しなくても良い。毎日書く。
Keisukeの過去に罪が有るなら半分抱える。その位の覚悟でkeisukeに最近メールしてきた。
Keisuke、誰かの為に生きたいなら私のために生きて、這い上がって行くのを見たい。
Keisukeを本当に愛してくれる人が出来たら教えて。
引く!
先にkeisukeから愛しては駄目よ。???する。

本当にもう!!!
貴方は、私を夢中にさせる。信じられない。私の生命までコントロールされる。前にも書いた。今回もそうよkeisukeリスクの後遺症は受け入れられない。どうしてもよ。
短く元気な方が良い。理解してくれると、思う。絶対に!
Keisuke、他人を何もかも知りたい、どうにかして上げたい!なんて思ったことないよ。余計な事は理解してる。これはマジだよ。私は純粋じゃない。純心でもない。誤解しているのはkeisuke、貴方のほうよ。こんな私に好きだよって言ってくれた。今keisukeを嘘偽りなく誰よりも大切な人で大好きで、私が恋してる人よ。最近keisuke意識し過ぎて自分で自分が恥ずかしい状態で?
トンチンカンに勘繰り、keisukeが変化したらウロウロになって、Ai→keisukeに止めて、モーニングも書かないようにして、変な日本語を注意してくれるのもkeisukeだけで、私はだからメールを書き直ししないし、よ見直しもしない。ごまかしてるみたいだから、変は変でkeisukeは理解してくれるし、そのままの思いを書くの。

私は一つ取り柄?頑固?
精神的に落ちない、落ちても戻れる。
よって、keisukeからのダメージは無いわ!
Keisukeの事でウロウロになっても、考える事で戻る。書いた後での反省は多い事は認めて無くしていく。約束する。

だから、keisuke私の目の前で双極性障害、落ちてうつ病になれば良い。
私はkeisukeに何も求めない。
Keisukeは何時も自由だよ。
束縛はしない。
又、誤解のないように!重ねて!書く。
束縛するのも、されるのも愛情とは思っていない。
自由でいるから友だちであり親友で恋人、何でも話せるわ!我が儘も言える!
長続きする。と私は思うの。
Keisukeはどう思う?

こんな考えだから結婚しない、出来ないのかも!

Keisuke感謝してるの。
イッパイ、価値の有るものもらった。
優しさ、労り誰も教えてくれなかったし、素敵なメールも、前の写真ってプレゼントしてくれなかった。
Keisukeには助けられ、励まされ今いるわ。
だいぶん、keisukeの係わる本、論文、体験談、家族の接し方が頭にある。
無言に無関心、無気力私の目の前ですれば良い。完璧ではないかも知れない。全部受け止めれる。
日本で駄目なら私の家、アメリカにも家が!keisukeは日本に居たくないと書いていた。3ヶ月離れるのも良いかも知れない。

私も ぼ~~と、タブレット見てないよ。
考える時間は十分あったわ。
寝れないときも、考えていたわ。
シナリオが有れば良いかも!

物凄く前向きに私を受け止めてくれているアイコがそこにはいました。私の懺悔に対して力一杯返信してくれました。
それ以降、私は減薬をやめて、薬の力に頼っても落ちないで済むならそれでいいと思い、処方された薬をすべて飲むようになりました。

どんなものにすがっても、最後まで落ちるのはやめよう。自分よりはるかに苦しんでいるアイコがそこにいるのだから。
そう思いました。



テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

プラトニックな恋13 

アイコの容態は、良い日があったり、悪い日があったりするようになってきました。メールを送れない日も出てきたので、そんな日は非常に心配になり、いろいろな事が手につかなくなっていました。

ある日、彼女は私に、

辛くないは嘘よ!辛いし死ぬほうがいいと思う事も有るわ!たえられない。
Keisuke何時まで耐えたらいい?
Keisukeもうそろそろ限界。

とメールで書いてきました。私には想像出来ないくらいの痛さだったのでしょう。痛さが増えていく中で死に向合う辛さを考えると、私には投げかけられる言葉もなく、自分が鬱の底辺でやった自殺未遂の事を初めて伝えました。
そして、複雑な二つの気持ち。辛いのが止まるとは、亡くなる、という事ですが書いていても、やはり少しでも長く頑張って会った事がなくても、時間を共有したいと思っていました。

Keisukeはこの病気で2回自殺未遂した。
その後に同じような病気の人が二人自殺しちゃって、自殺は良くない事は理解できた。でもマイコのは少し違うのは分かってる。

Keisukeには二つの気持ちがある。
辛いのが止まって欲しい、と言う気持ち。
少しでも長く頑張って欲しい、と言う気持ち。

相反する二つの気持ちをメールで送ると、彼女からの返事は、

冗談よ。頑張れるよ。
Keisuke! No one matters but you
ただ、keisukeいるから

きっと本心は耐えるのが本当は嫌だけど、私を悲しませないようにわざわざ冗談という言葉を使って送ってくれたのでしょう。
私はそんな彼女に旅行記の他にできる事は無いかと考えて、YouTubuで今まで自分が聞いた中で、良かった曲を探して送るようにもし始めました。

私自身、十分に理解していました。もう残されている時間は、本当に少ないんだと。
その限られた時間の中で、どうやって思い出を作り、少しでも幸せを感じてもらえるか?これを考える事が私の日課のようになっていました。

テーマ: メール・電話・会話

ジャンル: 恋愛

ネットでの恋  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top