12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

双極性障害になって考えた

  // 

数年前から双極性障害Ⅱ型を発病。社会復帰したものの適応が上手くいかず、その中で日々思う事を書いてます。

新年の初ブログ 

去年の暮れからブログを書かなくなっていました。
特に理由は無く、書く気が無かったからです。
年末から今日までいろいろなイベントがありましたが、恐らく鬱期なのでしょうか?気が起こらないし、起こったイベントにもあまり感動はありませんでした。
一番変わった事はなんと言っても、就職が決まり働き始めた事です。
働き始めての感想はとにかく通勤が長い会社に入ってしまいました。
会社にいる時間は、確かに8時間。私は早く行くクセがありますし、さすがに時間ピッタリには帰れないので、プラス1時間。
しかし、家を出てから、家に帰るまで13時間経っていますので、差し引き四時間通勤に使っている事になります。
本来なら、働く場所のそばに引越したいのですが、貯蓄が無く、兄の家にお世話になっている状態です。
居候していれば、家賃がかからないので、お金を貯めて引っ越そうと予定していますが、どうしても買い換えたい物もありますし、その状態で引っ越すにはそれなりのお金が必要になります。
もう一点、やはり贅沢は言ってられないのでしょうが会社は受けるのと入ってみるのは全然違います。
最初は水曜日、日曜日休みのはずでしたが、どうも平日休みに変わりそうです。
仙台が嫌だった理由の1つに、子供に会えない、と言うのがありました。もし平日休みになってしまえば、ますます子供に会いにくい状況になります。
だからと言って、今辞めてまた就職活動をしても、問題が沢山出てきます。
そんなこんなが重なり、基本的にはウツ気味になっているのかもしれません。
長い通勤時間に、ブログは書けるのでしょうが、しばらくは書く事が億劫になりそうです…
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

しかし東京って… 

しかしながら東京って、本当に刺激だらけですね。
田舎から上京して、1ヶ月経ちませんが、もう正直に言って田舎の半年分の刺激がありました。
今日は東京から横浜へ行って、その帰りに書いていますが、横浜も刺激だらけで田舎の地方都市よりも凄いです。
やはり、移動手段が充実していて、気軽に刺激のある場所に行けるから、それが人を集めて、その人が集まった場所には刺激的な物が用意されて、みたいに連鎖して行くんですね。
田舎にいる時は、確かにインターネットは繋がっていて情報量は同じだったのですが、外に出てもそのものが存在していないので、大きな刺激にはならず、その分大人しく出来ていたし、生活リズムも安定していたとは思います。
東京にいて行動すると、リアルな情報が先で体感してインターネットの情報が遅く感じたり…人と会って情報が入って来るので、チョーローカルなインターネットに無い様な情報に触れられたり。
私は、ここ半年で両方見てみて、動物としての人間としてどっちが良いのか、社会を築く人間として、どっちの環境で育つと、どうなるかなんとなく分かった気がします。
私にとっては、居心地的には、東京の方が育って見てきたので良いのですが、生活リズムとお金では田舎は良かった気がします。心の病いには健康的生活を送れるとも感じました。
やはり耐えられなかったのは自分に合うコミュニティを見つけられないだろうなぁ、と言う点です。
皮肉な話になってしまいますが、心の病気に良い生活環境ではありましたが、あまりにも何も代わり映えのない生活をして時間だけが経って行く生活に、長期的なストレスを感じてしまいました。その結果、心の病気に悪い、刺激の多い、生活リズムが乱れ易い東京に戻ってしまいました。
この乱れも、一巡して働き出せば終わり、ある程度安定した生活リズムに戻れば良いと考えてます。
本当に長期的に見たらどうなんですかね…
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

兄とアマゾン 

なんだか、アフリエイトの宣伝になってしまいそうですが、ちょっとアマゾンに関して思うところがあったので買いてみました。自分の中では宣伝と思っていないので、面白いトピックスとして気軽に読んで下さい。

兄だけではないのですが、私の周りにはアマゾンで生活物資をほとんどまかなっています。

話を聞くと驚くのは、お米からシャンプーまでアマゾンで買っていて、普通に買い物と言えば毎日消費しなければならない、ご飯のおかずとタバコくらいです。

従兄弟はそれに輪をかけて、アマゾンに依存していて、先日私がカラーボックスをホームセンターに一緒に買いに行った時に、その場でアマゾンで調べて、「ほら、同じのアマゾンに出てるよ」と言われてしまいました。

また、兄は兄で家で酔っ払ってアマゾンで買い物をするとストレスを発散できる、などと話していました。

その二人に理由を聞くと、余程実際に見て性能や質感を確かめる必要がある製品しか、アマゾンで全て賄えるし、何が便利かっていうと、どんな重いもの(お米など)でも玄関まで運んでくれるから、楽だと言ってました。

元々二人とも多読家なので、本から入ったのですが、そのアマゾンの活用方法を見ていると、恐らく近未来はこの買い方が普通になって来るんだろう、と実感してしまいます。

そんなアマゾンでもやはり現在抱えている問題があるようで、それは物流のことです。さすがに朝発注したら夕方に届く、と言うのは運送会社にかなり負担がかかっているようです。

これは裏話になってしまうのですが、ヤマト運輸がその問題に対応しかねて、アマゾンとの取引が全てなくなってもいいから断りの交渉に行ったそうです。

しかし、アマゾンはヤマト運輸は通常の使い方をして、相変わらずプレミアム会員には即日配達のサービスを提供しているので、一体どこが対応しているのでしょうか?

2年くらい前に、日本に来ていたアメリカ人が「アマゾンはズゴイ!腕時計を買ったら翌日に着いた!」と言って驚いてましたが、私が「本家本元のアメリカはどうなの?」と聞いたら、「アメリカのアマゾンはどんなに早くても2〜3日かかる。凄いのは日本のアマゾンだ!」と言っていたのには皮肉を感じました。

これからますます発達して、そのうちに大半のものはほとんどの人がそう言う買い方を普通に感じるようになるんだあろう、と二人を見ていると切実に感じてしまいます。
日常の出来事  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

広い世界と狭い世界を1日で感じた!  

今回は貴重な、体験をしたので長文になってしまいました。

今日は二連続の飲み会があり、昼には久しぶりに会う友達とビジネスの話をして、固定観念に囚われない発想で新しい事を話しながら、軽く飲んでました。

2人で話す内容は、ITで世界中に発信して何かを売ったり、アメリカから物を買って、日本で売ってみようとか、どちらかと言うと私的には楽しく積極的に話が出来ました。
お互いの長所を伸ばして、出来る事をやろうと盛り上がりました。

基本的には2人で話していたし、気も合うのでしょう。

盛り上がったもう一つの理由に、お互いに決して安定している、とは言えない状況もあるかもしれません。

しかし、2人とも物事を大きな世界で見ていました。良く言ってしまえばワールドワイドな考えで、外の世界や新しい試みの話をしてました。悪く言えば、お互いに特定の居心地の、良いコミュニティに参加出来ていないのでしょう。

その後、夜の忘年会まで時間を潰して、2回目の会合に参加しました。
そこは私の子供の頃からの友人の集まりの忘年会で10人くらい集まりましたが、出る話題は私も分からない、地元の事や昔話、バカ話で盛り上がりました。

しかし、地元を離れてかなり経っている私にはついていけない話題ばかりで、聞く側にほとんど回っていました。たまに私から話しても、自分が覚えている範囲がそのコミュニティでは少なかったので、なかなか話の輪に入るのが大変でした。
最初は、ビール一杯だけ飲んで後は烏龍茶をひたすら飲み続けていましたが、地元の友達は日本酒などを沢山飲んで、本当に楽しそうにしてました。

どうもその感覚は私には合わず、正直に言って私には合わない感覚でした。でも、ある意味では非常に安定した世界でこうやって生きられれば、楽しく過ごせるんだなぁ、と思って羨ましい気持ちも正直に感じました。
久しぶりに会う私にとっては、なんとなくよそのローカルな世界に入った様な感覚です。そうなると、やはり時間が経つのが遅く、ちょっと自分の立ち位置とは違うな、と感じました。

人にはそれぞれ違う価値観があり、それぞれの快適なコミュニティを探して、そこに価値観を見出せれば、楽しいと感じるんだなぁ、と実感しました。

私は、以前から何となくコミュニティについて考えていましたが、過去の経験を振り返ってみると、やはり居心地の良い、コミュニティを持ってそこに居たな、と思い出しました。

しかし、病気になってから、特にうつ状態になった時にその居心地の良いコミュニティを自ら断ち切ってしまい、自分の居心地が良い環境を見つけられてはいません。病気を治すために行ったデイケアは、ある意味では最後の方には居心地の良い世界になった記憶はあります。

私の経験では、楽しい共有体験、苦しい共有体験をして、その中で似たような価値観を持って、その環境をシェアした方がコミュニティとしては居心地が良くなるんだろう、と言う感じです。

今はだいぶ情緒も安定し、行動力も戻ってきたので、過去の繋がりを再構築してみよう、としています。やはり生きて行くにはコミュニティに参加して、自分の立ち位置を見つけないと、人生って面白く感じない、と思い直しています。その分、失業中にも関わらず出費もかさんでしまいますが…

会社も、仕事もそうかも知れませんがしばらくは、コミュニティ探しの旅になりそうです。

今日は1日で対極的なコミュニティを本当に実感した1日になりました。
しかし、自分にしっくりくるコミュニティを一度失うと、それを取り戻すには大変ですね。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

やっぱり寝れなかった 

睡眠薬を半分にして寝てみる事を試みましたが、やっぱり眠りに就くことは出来ませんでした。

これは薬の影響ではなく、あからさまに昼夜逆転です。今書くと一昨日の夜になってしまいますが、かなり早く寝て、昨日はやる事が昼間で無く二度寝してしまいました。

睡眠時間は恐らく12時間を超えていたと思います。

更にその前はやはり寝付けず、夜は数時間そして昼寝。
これは睡眠薬の問題ではもはやありません。明らかに生活習慣の乱れです。

やる事が無いと本当にこうなってしまいますし、やる事があっても、皆さんは昼間活動して夜しか時間が空いてないので、私が活動するのはどうしても夜になってしまいます。

そのほとんどが、東京に帰ってきて人と会うのを中心に生活しているからです。

今日は意外と用事が多く、またまた東京の端から端まで行って、昼ご飯。その後同じ町で夜の7時から忘年会。

もう覚悟して、今日は徹夜をして明日活動し、なんとか半分の睡眠薬で、正しくは今日の夜に寝ようと思っています。

夜の眠れない時間は本当に暇です。一人で暮らしている訳では無いのでテレビやいつものHuluを見る訳にはいきません。
必然的に物事を考えてしまいます。それでも薬のせいか悲観的にはならないのですが、暇を持て余しているわりには前向きに何となく考えられています。

しかし、面白く自分で思っているのは流石にここまで暇だと本当に働きたくなります。もっともお金が無いせいですが。
今週は色々と用事が入ってしまったので、バイトに行く事は出来ませんでしたが、来週はほとんど用事を入れていないので、バイトにでも行こう!と眠れない中で考えています。

ただ、矛盾になってしまうのはどうもバイトに行くのもある意味移動を考えるとちょっと面倒くさく感じてしまいます。
我ながらわがままだとは思うのですが、鬱っぽく行きたく無いのではなく、面倒くさいという思いなので救われています。
強いてもう一つ理由をあげるとすればバイト先は乗り換え案内で調べると近そうなのですが、土地勘が無いせいか、気分的に遠く感じてしまいます。

きっと就職が決まってもその感覚はしばらく残るのだろう、などと眠れない中で考えたり、本命が落ちたらまた就活を活発にしなければ、などなど。

枕で横になりながら、余計な事は考えるな、考えなければ脳が休まる、と自分に言い聞かせてるのですが、なかなか考えないって難しい事です。

今日の活動まであと5時間。一番マズいパターンは明け方に眠ってしまったら、約束は守れなくなるは、昼夜逆転は酷くなるはと思い、なんとかこのまま徹夜しておこうと思っています。

そして明後日、この日も用事が入るのは夜だけかもしくは入らない…
また昼寝してしまうかも。

そしたらきっと生活がますますぐちゃぐちゃになって行くばかりになるのかと思うと、それが一番怖いです。
早く社会に戻って、昼間活動して夜眠る、という生活が待ち遠しくなってしまいました…

そんな暇さ加減から真夜中にどうでも良いブログを書いてしまいました。
未分類  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top

減薬を考える 

今日から減薬をしてみようと思いました。

キッカケは単純です。引越し先で医者を探したのですが、前の医者の紹介状が無いと診察をしてもらえないのです。
そして当然の事ですが、医者の診断書も書いてもらえないので、自立支援も申請出来ません。

その為に、医療費がかかりとてもでは無いけど、失業者にとっては致命的です。
私の場合は、かなり薬の量が多かったので一回で、自立支援を使わないと一万円くらいかかってしまいます。

睡眠薬は、今失業中なので飲まなくても昼寝が出来てしまうので、理屈の上では無くても大丈夫なはずです。
他のクスリに関しては既に医者からもらっている量の半分しか飲んでいませんでした。

当然飲み忘れる日もあったので、量としてはかなり減薬になっていたと思います。
薬の量を医者に減らしいなかったのは、やっぱりどこか病気の再発が怖かったし、依存性が高かったと思います。

急な断薬はやはりどこかで、恐怖を感じるので、今残っている薬をさらに半分にして、様子は見てみたようと思っています。

もう一つの理由は、かなり良いサプリを飲み始めたら、脚の痛みが緩和された事です。
このサプリはちょっと高いのですが、薬に頼っているよりは良いと思いました。

昔から思っていたのですが、健常者は当然薬を飲んでいません。なのに脳内物質がちゃんと出て通常の生活を送っています。この事から私は、実はしっかりした栄養素を採っていないのと、もう一つ、その栄養素を吸収出来ていないのでは、と思っていました。

過去にもいろいろなサプリを試したのですが、どれも単発的な栄養素だったので、身体がそれを吸収しても、正常に必要な物質に変革出来なかったのではと…

そんな事を考えていたので、新たなるサプリを試しながら、減薬→断薬にトライしてみようかと思うようになりました。
今後の経過をまたまた睡眠日記みたいに書いていきたいと思います。

そしてそのサプリの効用が明確になったら、どんなサプリかみなさんにご紹介したいと思います。
医者からのクスリ  /  tb: --  /  cm: 0  /  △top